ニュース
» 2013年05月29日 08時44分 公開

クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[3/3]

日本工学院のマンガ・アニメーション科主任の臺野興憲先生に、授業の内容や学生に伝えたいことを聞いてみた。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 先日紹介した、日本工学院の学校関係者の方々にお話をうかがっている。今回は、マンガ・アニメーション科主任の臺野興憲(だいの・おきのり)先生に、授業の内容や学生に伝えたいことを聞いてみた。

――マンガ・アニメーション学科では、どんな授業をされているんですか?

「授業内容としては、アニメーションでは実際にプロの方々が現場でされている内容と同じ事を、そのまま授業で行います。商業アニメのプロセスを1から学んで、オリジナル作品を制作していく形です。マンガでは、ペンの使い方など基本的なことも学んでもらいますが、自分の作品をどうコーディネートして出版社に売り込むか、というところまで教えています」

――日本のサブカルチャーは海外でも非常に人気がありますが、留学生も多いんでしょうか?

「留学生は中国、韓国などアジア出身が多いですが、中にはアメリカ、ヨーロッパ圏出身の生徒もいます。日本のアニメは海外に人気がありますが、作る側に回りたいという人は少ない印象を受けます。留学生には日本で就職したいという人が多いですが、出来れば自国にその技術を持ち帰って広めて欲しいです」

――ダイノ先生が、生徒の方に常に意識するよう言っておられることはありますか?

「教職について14年になりますが、「作品を作る側の人間の立場で、アニメやマンガなどを見てはいけない」ということはいつも言ってます。趣味として見るのならいいのですが、それだけで勉強しようとすると難しいです。クリエイターは、休みの日に家にいてはいけません。どんどん外に出て、色々なものを五感(ごかん 意味:体が持つ5つの感覚)で感じて、観察して吸収するべきです。いろんな世界を見て視野を広げてほしいです」

――グローバル化という視点から、何か思われることはありますか?

「生徒にはもっと世界に目を向けて欲しいです。学生にはグローバル化に対する意識があまりありません。マーケットは日本だけではありませんし、日本だけでなく世界を、また世界から見た日本も知ってほしいと思います」

――日本のすばらしい技術を、若い世代の方からどんどん世界に発信していって欲しいですね。ありがとうございました!

英文:Japan's Most Prominent Technical School Holds Graduation Exhibition [3/3]

関連キーワード

アニメ | ゲーム | 漫画 | 専門学校


© Tokyo Otaku Mode Inc.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」