艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「時雨」編下積み長い苦労人

雪風と並ぶ“強運の武勲艦”として、多くの艦これ提督たちが待っていた彼女がきたー! でも、彼女は下積みが長い苦労人だったりする。

» 2013年10月24日 11時59分 公開
[長浜和也,ねとらぼ]

好調のときは下積みで苦境のときには大活躍

 駆逐艦「時雨」は、白露型2番艦にして1936年(昭和11年)9月7日浦賀船渠の生まれ。太平洋戦争では1944年10月25日のスリガオ海峡海戦で唯一生き残るなど強運の持ち主として「呉の雪風、佐世保の時雨」と呼ばれるほどに有名な艦だ。

「艦隊これくしょん」の時雨には、10月23日に「改二」が実装された

 ただ、雪風が太平洋戦争の開戦初頭から著名な海戦に参加して第一線で活躍していたのに対して、時雨は、第1艦隊第1水雷戦隊第27駆逐隊に所属して戦艦部隊とともに呉軍港(柱島泊地)に待機。日本本土とトラック基地を結ぶ比較的安全な航路で輸送船団護衛を担当した。

 1942年5月には珊瑚海海戦に参加して「翔鶴」「瑞鶴」を直衛するが、これも、本来の主力空母護衛戦力が手一杯だったので、日本で“控え”だった第27駆逐隊を割り当てたという事情からだ。しかし、理由はどうであれ、時雨は世界初の空母戦に参加するという武運に恵まれる。続く6月のミッドウェー海戦では、第1水雷戦隊本来の任務である戦艦部隊の護衛として参加し、第9戦隊の重雷装巡洋艦「大井」「北上」とともに第2戦隊を護衛する。

 8月からのガダルカナル島をめぐる一連の作戦でも、担当するのはガダルカナル島に対する輸送作戦で、第三次ソロモン海戦でも退却航路の警戒担当で、乱戦を極めた第一次戦闘には参加していない。とはいえ、夜が明けて行動不能になった比叡を守る対空戦闘で時雨は損傷する。

 時雨が本格的な砲雷撃戦に参加するのは、ガダルカナル島を失ったあとの1943年以降だ。当時、仲間の第27駆逐隊は、輸送作戦途上の航空攻撃で「有明」「夕暮」が沈没、「白露」も損傷して後退していたため、時雨は第4駆逐隊の「嵐」「萩風」とともに北部ソロモン海域の苦しい“ねずみ”輸送作戦(駆逐艦による輸送作戦)を繰り返す。

 1943年は米海軍がレーダーを用いた戦闘指揮に熟練しており、夜戦における日本海軍の優勢は失われていた。時雨にとって初めての本格的砲雷撃戦となった“ベラ湾海戦”では、ともに参加した「嵐」「萩風」「江風」がレーダーを用いた敵奇襲によって戦闘開始15分で戦闘不能になって沈没する。最後を走っていた時雨は雷撃しつつ煙幕を張って反転してなんとか生き延びた。

 わずか2週間後に起きた“ベラ・ラベラ北方夜戦”では「漣」「浜風」「磯風」とともに小艦艇で構成する輸送船団を護衛して敵駆逐艦と戦闘。10月の“ベラ・ラベラ島沖夜戦”(あーっ、ややこしい!)で、時雨は「五月雨」とともに、「夕雲」「秋雲」「磯風」「風雲」の本隊と分かれた別働隊として敵駆逐艦を雷撃している。その五月雨とは11月のブーゲンビル島沖海戦で衝突しちゃったりして一緒に損傷しちゃったりもしたいっけない。五月雨と衝突したのは白露でした。

 その後、時雨は1944年6月の輝作戦、マリアナ沖海戦で主力艦の護衛として参加。そして、11月のレイテ沖海戦で戦艦「山城」「扶桑」、重巡洋艦「最上」の護衛として駆逐艦「満潮」、そして「山雲」「朝雲」とともにスリガオ海峡に突入して“ただ1人”生きて帰ってきた。

 開戦から終戦まで著名な大規模作戦に参加して活躍して戦争を生き残った雪風と比べて、日本軍が下り坂となった1943年以降から激しい夜戦を経験し、その最初の夜戦と最後の夜戦でただ1人の生き残りとなった時雨の戦歴は、苦境に立たされた太平洋戦争後半の日本海軍を象徴していると言えるかもしれない。

ベラ湾海戦をボードウォーゲーム「FLEET BATTLES」で再現した。最初に経験した夜戦でいきなり時雨は「ただ1人の生き残り」になる(写真=左)。こちらは「DESTROYER CAPTAIN」(クォーターデッキ)で再現したベラ・ラベラ島沖夜戦。この戦いで日本軍は勝利する(写真=中央)。そして、スリガオ海峡海戦の第二次第三次雷撃戦で時雨が最も突入した戦況を「写真太平洋戦争第8巻」の図版から再現した。この先に米第7艦隊の戦艦群が待ち構えている。この時点で時雨のほかに最上と朝雲が行動可能だった(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」