ニュース
» 2013年11月06日 11時50分 公開

サイバー感パネェ:見慣れた街でこんなバトルが……! Googleが開発した世界規模の“陣取り”ゲーム「INGRESS」が面白そう

未知のエネルギーを巡って人類が2つの勢力に分かれて陣取り合戦を繰り広げます。

[ねとらぼ]

 Googleが開発し、世界規模で展開中のAndroid向け位置情報ゲーム「INGRESS(イングレス)」をご存知ですか? 世界の各所から漏れ出す未知のエネルギーをめぐって人類が2つの勢力に分かれて陣取り合戦を繰り広げる――そんなSF感タップリのARG(代替現実ゲーム)です。これまで招待制のβ版サービスが運営されていましたが、このほど正式リリースが発表され、誰でも参加できるようになりました。アプリはGoogle Playで無料配布されています。

photo なんか拡張現実感あるな!

 INGRESSは、Niantic LabsというGoogleの社内ベンチャー的組織が立ち上げたゲームで、2012年11月にβ版がスタートしました。今のところゲームは英語版のみですが、日本でもさまざまなプレイヤーが参加し、陣取り合戦を繰り広げています。

こちらの紹介には日本語字幕がありますよ!

 プレイヤーは未知のエネルギーに抵抗する「Resistance」派と、未知のエネルギーを受け入れる「Enlightened」派に分かれ、同じ勢力で協力しながら陣取りを繰り広げます。陣取りに参加するには、「ポータル」と呼ばれる場所に足を運ぶ必要があります。ポータルは建物や銅像など、街のランドマーク的な場所に設けられているようで、ゲームを遊ぶことで街の散策もできるといった工夫が凝らされています。

photophoto 「ポータル」を確保し、ポータル同士をリンクさせることで、勢力を広げられます

 経験値をためてレベルアップすることで、より強い武器を使えるようになるといったやりこみ要素も用意されおり、なかなか楽しそう。ゲーム画面のサイバーな雰囲気もカッコイイです。目には見えないエネルギーを巡って見慣れた街で戦いが繰り広げられている――そう思うとなんだかワクワクしますね。

 Niantic LabsにはGoogleの日本版ホリデーロゴのデザインを担当していた川島優志さんも参加しているそうで、同氏のブログでもINGRESSが紹介されています。川島さんによると、2014年にiOSアプリのリリースも予定されているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」