ニュース
» 2013年11月06日 11時50分 公開

見慣れた街でこんなバトルが……! Googleが開発した世界規模の“陣取り”ゲーム「INGRESS」が面白そうサイバー感パネェ

未知のエネルギーを巡って人類が2つの勢力に分かれて陣取り合戦を繰り広げます。

[ねとらぼ]

 Googleが開発し、世界規模で展開中のAndroid向け位置情報ゲーム「INGRESS(イングレス)」をご存知ですか? 世界の各所から漏れ出す未知のエネルギーをめぐって人類が2つの勢力に分かれて陣取り合戦を繰り広げる――そんなSF感タップリのARG(代替現実ゲーム)です。これまで招待制のβ版サービスが運営されていましたが、このほど正式リリースが発表され、誰でも参加できるようになりました。アプリはGoogle Playで無料配布されています。

photo なんか拡張現実感あるな!

 INGRESSは、Niantic LabsというGoogleの社内ベンチャー的組織が立ち上げたゲームで、2012年11月にβ版がスタートしました。今のところゲームは英語版のみですが、日本でもさまざまなプレイヤーが参加し、陣取り合戦を繰り広げています。

こちらの紹介には日本語字幕がありますよ!

 プレイヤーは未知のエネルギーに抵抗する「Resistance」派と、未知のエネルギーを受け入れる「Enlightened」派に分かれ、同じ勢力で協力しながら陣取りを繰り広げます。陣取りに参加するには、「ポータル」と呼ばれる場所に足を運ぶ必要があります。ポータルは建物や銅像など、街のランドマーク的な場所に設けられているようで、ゲームを遊ぶことで街の散策もできるといった工夫が凝らされています。

photophoto 「ポータル」を確保し、ポータル同士をリンクさせることで、勢力を広げられます

 経験値をためてレベルアップすることで、より強い武器を使えるようになるといったやりこみ要素も用意されおり、なかなか楽しそう。ゲーム画面のサイバーな雰囲気もカッコイイです。目には見えないエネルギーを巡って見慣れた街で戦いが繰り広げられている――そう思うとなんだかワクワクしますね。

 Niantic LabsにはGoogleの日本版ホリデーロゴのデザインを担当していた川島優志さんも参加しているそうで、同氏のブログでもINGRESSが紹介されています。川島さんによると、2014年にiOSアプリのリリースも予定されているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声