ニュース
» 2014年03月12日 14時26分 公開

ロボットアームが駒を指す! 電王戦で将棋界初の試み、棋士の前にロボット鎮座

産業用ロボットを手がけるデンソーが開発したロボットです。

[ねとらぼ]

 現役プロ棋士と将棋ソフトが戦う「第3回将棋電王戦」(3月15日〜4月12日)で、産業用ロボットを手がけるデンソーが「ロボットアーム」を提供します。これまでは将棋ソフトが指示した手を人間が代わりに指していましたが、今回はロボットアームがその役割を担います。

画像

 第3回将棋電王戦は5人のプロ棋士と5つの将棋ソフトによる団体戦。ロボットアームは全5局に登場します。つまり、プロ棋士の向かい側に鎮座し将棋を指す相手はロボットアームというわけです。ロボットアームの採用は将棋界初とのこと。

 ロボットアームは、デンソーの子会社デンソーウェーブが開発した垂直多関節ロボット「VS-060」をベースに「棋士が安全かつストレスなく真剣勝負をうことができるよう」一部改良を加えました。以下、発表資料より、ロボットアームの特徴を引用。す、すごそうです。

  • 駒が斜めになっていたり、ずれて置かれていても、アーム先端に装着したカメラが多方向から画像認識し1ミリの誤差もない着手を実現
  • 駒をコンプレッサーで吸着し移動させるため、隣の駒に触れることがなく、公式棋戦と同じ将棋盤と駒を使用することが可能
  • 棋士とロボットアームの間に目に見えない安全柵(エリアセンサー)設置
  • ゆっくり指すことも、高速な早指しも自由自在に設定可能
  • 長時間の連続稼働が可能で、終日行われる対局にも対応

 電王戦を主催するドワンゴと日本将棋連盟、デンソーは、ロボットアームの採用によって「人間とコンピュータの対局をよりわかりやすく可視化し、また、将棋電王戦を日本の伝統と最先端技術が融合した新たな一大イベントとして提供したい」とコメントしています。

画像 安倍首相が振り駒するなど注目度も高い電王戦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声