日本は「まったくベクトル違う」 Oculus Riftなぜ“日本優先出荷”に? 創業者が語った「日本ヤバイ」の理由

他の国に比べ、日本のOculus Rift購入者には「ある特徴」があったそう。

» 2014年04月09日 13時02分 公開
[松岡洋,ねとらぼ]

Oculus Rift「新型は日本優先出荷」を明言

 ねとらぼでもたびたび紹介しているVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」。その次世代型にあたる「DK2(開発キット2)」が日本でお披露目され、Oculus VR創業者・Palmer Luckey氏が「DK2は日本に優先的に出荷する」と語った。

 Oculus Riftは開発者向けの「DK1」がすでに6万セット出荷され、より高性能なDK2が今年の7月に発売される予定。すでに大量の注文が世界中から殺到しており、日本からも約3000セットの注文が来ているが、Palmer氏によると、特に「日本に優先的に出荷する」という。4月7日〜8日に行われた、Unityの開発者セミナー「Unite Japan 2014」の基調講演での出来事で、Palmer氏が優先出荷を発表すると会場はたちまち割れんばかりの歓声に包まれた。


画像 Oculus VR創業者のPalmer Luckey氏


圧倒的だったアプリ公開数

 なぜOculus VRは日本をこれほどまでに優遇するのか。その最大の理由は、日本に根付いている「同人創作活動」にあった。

 ねとらぼでもこれまでミクさんと握手できる「MikuMikuAkushu」や、添い寝ができる「MikuMikuSoine」などのアプリを紹介してきた。Oculus VRでは世界中から日々公開されるOculus Riftのアプリを観察しており、その中でも日本のアプリがひときわ目立っていたこと、さらに日本からのOculus Riftの注文が日を追うごとに増えていたことに注目していたそうだ。


画像 日本市場の特異性について語るPalmer氏

 一方、そんなこととはつゆ知らず、日本からOculus Riftを注文した人たちの間では1つの噂が飛び交っていた。「注文したらすぐ届いたんだけど、これって日本からの注文は最優先で送ってきてない?」「うちもすぐ届いたので驚いた」

 Palmer氏に直接取材したところ、日本以外の国では、Oculus Riftを購入したユーザーはOculus側が用意したデモアプリを動かしてそれで終わりというのがほとんどで、実際にアプリを開発することはまれだったという。これに対し、日本では最終的に3000から5000セット出荷された(注文経路が様々なため把握している概数)のに対し、現在までに数百本ものアプリを公開。この実績から「日本がもっとも有望な開発者のコミュニティである」と評価、最優先で出荷していたというわけだ。



主婦もOculus開発を楽しんでいる――世界よ、これが日本だ

 そんな日本の開発コミュニティを象徴しているのが、以前紹介した「主婦ゆに」だ(紹介記事)。これまでPCすらほとんど使っていなかったという“主婦”が、Twitterでさまざまな人からアドバイスをもらいながら、わずか数カ月でOculus Riftの開発をマスターした。この日“主婦”さんは師匠の@GOROman氏とともに登壇し、OculusRiftを体験した“主婦さんのお母様”のお礼の言葉をPalmer氏に伝えていた。


画像画像 ただの主婦がなぜかOculusアプリ開発を作ってしまった「主婦ゆに」のセッション

画像画像 「こんなに楽しいものができるまで長生きできてよかったわ!」と“お母様”

画像画像 Palmer氏の襟元に見覚えのあるものが! 実はPalmer氏は初音ミクの大ファンで、ミクさんのTシャツを着ていたのだ

 UnityのCEO・David Helgason氏とPalmer氏の共同記者会見では、両氏とも日本のユーザーのクリエイティブ能力に注目しており、この国から生み出されるものに期待している様子がうかがえた。

 Palmer氏は基調講演で、日本の開発者コミュニティが生み出す作品を「まったくベクトルの違う」ものと言及していたが、こんなの(下の吉田早希さんの写真参照)見たらそりゃあ思うよね。


画像 Palmer氏と肩を組む、UnityのCEO・David Helgason氏

画像画像 たまたま遊びに来ていた「グラドル自画撮り部副部長」の吉田早希さん。会場では乗馬体験ソフトにまたがったり、MikuMikuSoineを楽しんだりしていた。これが日本のVRシーンの最先端だ!

 ちなみにPalmer氏は、アニメ「ソードアート・オンライン」の大ファンなのだそう。理由はVR(バーチャルリアリティ)が物語のキーデバイスになっているから。彼女が日本のアニメの大ファンで、さまざまなアニメを一緒に見ているそうだ。

 二次元の彼女と握手したり添い寝したりと日本の創作活動は妄想が原動力になっており、Oculusの新型が日本に届けばさらに妄想が加速するのは間違いないだろう。「世界よ、これが日本だ」と。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」