ニュース
» 2014年06月17日 16時12分 公開

台風7号「ただいま」 熱帯低気圧に変わったはずが再び台風として復活

そんなこともあるのね。

[ねとらぼ]

 一度、熱帯低気圧に変わった台風が、再び台風となって帰ってきた! そんなこともあるんですね。

 6月16日午前3時に熱帯低気圧に変わった台風7号が、翌17日正午に再び台風7号になったと気象庁予報部が発表しました。tenki.jpでは「一度、台風でなくなった低気圧が発達して、再び台風になるのは、2009年17号以来」とその珍しさを伝えています。

typh

 台風7号は6月14日午後3時に、南シナ海北部で発生。名前はフィリピンが用意した「ハギビス」(日本語で「すばやい」の意味)と名付けられました。台風は1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでおり、6月18日には種子島の南約40キロ円内に達し、その後温帯低気圧に変わる見込みです。台風から湿った空気が流れ込み、太平洋側では雨量が増える恐れがあるそうです。

typh

 今年は台風の発生ペースが速く、6月中旬までに台風7号が発生するのは1997年以来17年ぶりとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.