ニュース
» 2014年09月08日 14時55分 公開

殺人鬼「切り裂きジャック」の正体、DNA鑑定で判明?

専門家からは疑問の声も。

[ねとらぼ]

 1888年にイギリスのロンドンで発生した未解決の連続猟奇殺人事件の犯人「切り裂きジャック」の正体を、DNA鑑定で突き止めたと主張する人物が現れて話題になっている

多数のメディアで報じられている

 その人物は「安楽椅子探偵」を自認するイギリスの企業家ラッセル・エドワーズ(Russell Edwards)さん。9月9日に発売する書籍「Naming Jack the Ripper」で、ポーランド出身のアーロン・コスミンスキ(Aaron Kosminski)が切り裂きジャックだと主張している。コスミンスキは当時6人いた主要な容疑者の1人だった。

Naming Jack the Ripper

 エドワーズさんは、事件の遺留品とされるショールを2007年にオークションで入手しており、このショールについた体液について、コスミンスキの子孫の協力を得て専門家にDNA鑑定を依頼した。その結果、DNAが子孫のものと一致したという。

 一方で、専門家からは疑いの声も上がっている。問題のショールはこれまでに多数の人が触れているため、DNAサンプルの信頼度が低いと指摘されている。

 切り裂きジャックの正体についてはさまざまな説があり、今なおリッパロロジスト(切り裂きジャック研究家)の間では議論がある。先には推理小説「検屍官」シリーズで知られる作家のパトリシア・コーンウェルさんが、画家のウォルター・シッカート(Walter Sickert)を真犯人とする推理を披露している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン