ニュース
» 2014年09月10日 18時28分 公開

昭和天皇が遊んだ謎のゲーム「クロックノール」が話題に ネット民が「クロキノール」ではないかと指摘

昭和天皇の記録書「昭和天皇実録」に、宮内庁もわからないという不思議なゲームで昭和天皇が遊んでいたと書かれてあるそうな。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 宮内庁が9月9日から公開中の、昭和天皇の生涯を記録した「昭和天皇実録」。ここに昭和天皇が幼少期に遊んだとして登場する「クロックノール」がいったいどのような遊びなのか宮内庁にもわからず、ネット上ではカナダ発祥のボードゲーム「クロキノール」のことではないかと指摘が上がっています。


画像 「クロックノール」の正体だと指摘される「クロキノール」(ウィキペディアより)

 ことの発端は毎日新聞の9月9日の記事。実録において昭和天皇の学習院初等科入学前後に「クロックノール」という遊びが少なくとも4回登場しますが、宮内庁もなんの遊びか分かっていないと報じたところ、一体どんな遊びなのかとたちまちネットで話題となりました。


画像 宮内庁の「昭和天皇実録」公開について

 ネットで出ていた中でもっとも有力な説が「クロキノール(Crokinole)」のことだというもの。カナダで19世紀末に生まれたボードゲームで、円形の盤上で高得点のエリアをめぐり2・4人のプレーヤーがディスクを弾き合う、カーリングやおはじきに近い遊びです。「これ、クロキノールでしょ」「時代的にもこれでしょう」など、Twitterでは「クロックノールはクロキノールのことだ」という指摘が多く出ています。


画像 1903年発行のクロキノールのルールブック「クロック術」

 1903年に発行された、クロキノールのルールブック「クロック術」(花王居主人著)では、クロキノールのことを「クロックノール」と呼んでルールを説明しています。これによるとクロキノールは同時期に長野県松本在留のイギリス人・マギニス氏が本国から取り寄せ、長野の衣斐氏が製品化したのをきっかけに、「非常の速度をもって流行」したそう。東京や遠方からの注文もあったことから、幼少期の昭和天皇がクロキノールを「クロックノール」と呼んで遊んだ可能性はありそうです。


画像 本の中でクロックノールと呼ばれてますが、図解にあるのは現代でいうクロキノールです

 宮内庁に確認したところ、クロックノールに関する情報はすでに数十件寄せられているとのこと。話題の「昭和天皇実録」は、11月30日まで皇居内書陵部庁舎(東京都千代田区)で公開中です。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙