ニュース
» 2014年09月22日 23時00分 公開

【閲覧注意】大自然の中に肉の塊!? スイスの山に現れたシュールなアート

風光明媚(めいび)なスイスの山の中に、肉の塊っぽい何かが……ちょっとグロくて風変わりな作品を作るアーティストにそのわけを聞いてみました。

[海原ゆりえ,ねとらぼ]

 以前に衝撃的な「肉テント」を制作して話題になったロンドンのアーティスト、Andrea Hasler(アンドレア・ハスラー)さん。彼女が2014年の夏、スイスのVerbier(フェルビア)の山頂に新しい作品を制作しました。新作もかなりのインパクトです

塊肉がスイスの山奥に鎮座

 大自然の中にちょこんと置かれた塊肉のような作品は「Perishable Goods(腐敗するもの)」というタイトル。木、ロウ、合成樹脂でできており、2年間にわたって展示される間に、肉みたいな色をしたロウの表面が日に当たって少しずつ溶け出し、金具のチェーンはさびるようになっています。「腐敗する」という自然のイメージが反映されています。

肉にはチェーンがついていて少しずつさびたり、「腐敗」したりしていく

 この作品は、スキーリゾートとしてヨーロッパで人気のあるフェルビアが、冬の間だけリゾートに押しかける人たちでいっぱいになることがテーマになっているのだとか。圧縮された肉のかたまりが膨れ上がっているのは、人々が密集している様子を表しています。金のチェーンはラグジュアリーな観光客を表しています。圧縮した肉には、災害地域での緊急災害用食糧への切望と(ぜいたくなリゾート地と)の対比も込められています。

風光明媚(めいび)なスイスの山と不気味な肉

 もう1つの作品は、不思議なレッドカーペットと肉の作品「Avant/Apre’s(前/後)」です。レッドカーペットを歩いた先には、肉のロープが待っています。この作品では、レッドカーペットを歩くような、違った人間になりたいという人の欲望を表しています。しかし、そのようなセレブであっても、肉体的には私たちと同じということを、肉の造形によって強調しています。

山に現れたレッドカーペットと肉
長〜いレッドカーペット

 題名の「前/後」とは、スキーの後に行われるパーティ「アフタースキー」という意味が込められており、フェルビアの冬のリゾートの活動を指しています。「Avant/Apre’s」には、映像作品もあります。

セレブと肉。肉体的に見ればセレブもそうでない人もいっしょ
映像作品「Avant/Apre’s」

 アンドレアさんはこれまでにも肉塊っぽい作品を制作しており、今回の新作は、2013年に米ロサンゼルスのガスフォード・ギャラリーで展示された「Burdens of Excess(過多な重荷)」の続きとして作られています。「Burdens of Excess」では、ラグジュアリーとは何かを追求。人間の臓器のような造形の靴やバッグがガラスで密閉された箱に置かれ、シックで黒い壁、ぴかぴか光る床で囲まれています。まるでラグジュアリーなブティックのアイテムのように肉の造形を展示していたのです。

「JC shoes」。Burdens of Excessより

 肉の塊を高級ブランド品のようにした作品は、ラグジュアリーなアイテムへの欲望と、美容整形や脂肪吸引といった美への欲望の暗い側面を表しています。なぜこのような奇怪な作品を作るようになったのか、聞いてみました。

「LV bag」。臓器のバッグ
「McQ organ」

 アンドレアさんは、故郷のスイスからロンドンに出てきて、ブランドのブティックに靴1足を買うために行列する人々を見かけるようになりました。そこからラグジュアリーなアイテムの魅力へのぬぐいがたい強迫観念があることに気づいたそうです。高級ブランドやステータスへの熱狂に対する疑問が彼女の中に生まれました。

 そしてある日、「腕にはロレックスではなくて、ダイヤモンドで飾られた腎臓のほうがいいのではないか」と思ったのだとか。そして今日まで金の飾りのついた肉の造形を作るようになったのです。

映像作品のためにセレブに扮(ふん)するアンドレアさん

 「ハリウッドセレブのような人たちは、ウケるためにはラグジュアリーな『種族』に属さなければならないと思っている。そのために高級なブランドバッグを持ったり、美容整形をしたりする。私たちが選ぶブランドは、私たちが属したい『種族』を表すものになっている」とアンドレアさんは語っています。

 肉を主題に作品を作ることについては、作品を見る人々が「キモい」と思いながらも、触ってみたいような気になって仕方がない気持ちになるのが、うれしいのだそうです。「見る人には何かを感じたり、考えたりして、反応してほしい。自分と他者とを隔てている物理的な要素としての肌、その境界を破ったらどうなるか、見てほしい」と言います。

 日本ではまだ展覧会を開いていないアンドレアさんですが、「Burdens of Excess」シリーズは、日本でも人気が出るのではないかと思っているのだとか。高級ファッションブランドの要素があるため、ストリートファッションに世界的な影響力を持つ日本で理解されると思っていると話しています。

 アンドレアさんの次回の展覧会は、2014年10月にスウェーデン、ストックホルムのボン・ギャラリーでの個展となります。現在、「luxury-milk/breast machine」という作品を制作中です。

アンドレア・ハスラーさん
Burdens of Excess

Image Credit: Andrea Hasler

海原ゆりえ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」