ニュース
» 2014年12月09日 08時00分 公開

2020年のメークはこれが流行している! 資生堂が予想するトレンドは「日本文化」と「スポーティー」

東京オリンピックはこれで参加します。

[ねとらぼ]

 資生堂は2020年のメーキャップを予測し発表しました。へー! ちょっと未来の女性たちはこんな感じのメークかもしれないんですね。

 「東京オリンピックが開催される2020年は、世界中の様々な国の方が日本へ訪れ、改めて日本独自の伝統や文化に注目が集まります。また、スポーツ産業が活性化することで、スポーティーなファッションがトレンドに取り入れられる」と予想。資生堂ビューティートレンド研究 シニアヘア&メーキャップアーティストの鈴木節子さんが、「ジャパンカラー」と「スポーティーポップ」の2つのメーキャップを提案しています。

メイク ジャパンカラー

 「ジャパンカラー」は日本古来の化粧の三原色である「赤」「白」「黒」を基調としています。透明感のある肌や目頭の輝きを表現する白、目のフレームを際立てる黒いアイラインと赤い口紅など、和装メークで施す目の縁にさす紅を、黒いアイラインの縁にもさしたのが特徴です。「和の化粧を現代風にアレンジし、日本女性の凛とした美しさを表現」しています。

メイク スポーティーポップ

 「スポーティーポップ」はアイラインのメークアレンジが多様に表現されるようになっていることも受け、明るいカラー、ブルーを使用したダブルラインのポップなメークを提案。「肌はツヤのある健康的な肌に、口もとはオレンジリップで、軽快でスポーティーな印象に仕上げます。全体的に軽やかで颯爽とした美しさを表現」しているそうです。

 また、西洋化粧が一般的に取り入れられるようになった1920年から現在に至るまでの化粧の変遷を1人のモデルで再現する試みも。景気が良くなると明るい色の口紅と太眉が主流となり、不景気になると眉が細くなる傾向にあるとのこと。また、天災や情勢不安があるとナチュラルへ回帰するそうですよ。

メイク 1920年代〜1970年代前半の化粧に共通するのは、西洋文化への憧れ。お手本は、銀幕の女優や欧米のスターアイコンでした

メイク 東京オリンピックをきっかけに日本人が本格的に世界を意識し始めた時代。日焼け色の肌が流行した。1970年代に入ると全体的に退廃的な雰囲気が主流となる

メイク 「西洋人のようになりたい」というコンプレックスを脱し、日本人固有の美しさを見直すように。細く薄くなる一方だった眉が、一気に太く濃くなる

メイク 90年代後半から茶髪・細眉・小顔メークで女性たちの美容熱はヒートアップ。より細分化され、多様化していく。化粧品だけにとどまらない美容表現が過熱している矢先、東日本大震災により「自分自身を見つめ直す」としてナチュラルに回帰していく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」