ニュース
» 2015年01月18日 13時57分 公開

センター試験国語に「クソリプ」問題出題で反響 → 著者「このままだとクソリプの本てことになっちゃう(泣笑)」

「クソリプ」「パクツイ」が主題の本、というわけではなかったようで……。

[ねとらぼ]

 センター試験1日目、国語の評論問題で「クソリプ」「パクツイ」について書かれた問題文が出題されたことで話題になっていますが(関連記事)、あまりの盛り上がりから、作者が「このままだとクソリプの本てことになっちゃう」と泣き笑いしています。





 問題文は評論家・佐々木敦氏の「未知との遭遇」(筑摩書房)からの抜粋。出題範囲内では確かに「クソリプ」や「パクツイ」のような事象について触れていますが、佐々木氏によれば、「クソリプ」や「パクツイ」は本の主題ではなく、全体としては「ネット以後、SNS以後、ゼロ年代以後、オタクサブカル以後の自己啓発本のつもりで書きました」とのこと。自己啓発本だったのか……!



 また、その後の「試験問題に使われる場合、受験終了後にしか連絡は来ない。後から許諾と使用料的な書類が届く(たぶん)。でないとホラ、僕がどっかで喋っちゃうかもしれないでしょ」というツイートも話題になっていました。調べてみると確かに、試験問題の場合は著作権法の例外として、許諾なしでの複製が認められているんだそうです。確かに、万が一漏れたりしたら大変ですからね……。




 ちなみにセンター試験の影響か、Amazon.co.jpでは1月18日現在、「未知との遭遇」は“社会一般関連書籍”カテゴリのベストセラー1位になっていました。


画像 ベストセラー1位! おめでとうございます

「未知との遭遇」目次構成

はじめに

一日目 無限のセカイと有限のワタシ

A面 世界の果て?

B面 おたくからオタクへ

二日目 タイムマシンにお願い

A面 偶然について

B面 運命について

三日目 UNKNOWNMIX!

A面 不可能世界論

B面 未知との遭遇

あとがき




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり