ニュース
» 2015年02月05日 20時56分 公開

トレンドに人気ラブコメ「いちご100%」がなぜか発生 ネット民困惑しながらも「懐かしい」と振り返る

つかさちゃんとか東城とか懐かしいー! ってなんで今「いちご100%」?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2002〜2005年に「週刊少年ジャンプ」で連載されたラブコメディ漫画「いちご100%」(作:河下水希)。連載終了から約10年たった2015年2月5日の午後2時ごろから、「いちご100%」というキーワードがTwitterやYahoo!のトレンドワードに入るという謎の事態が発生しました。ネット民からは戸惑いつつも作品を懐かしむ声が上がっています。

画像画像 Twitterのトレンドに「いちご100%」が。ツイート数も今日になって急上昇(Yahoo!リアルタイム検索より)。何が起こったの?

画像 こちらが「いちご100%」(コミックス1巻表紙より)。東城綾(左)と西野つかさ(右)などかわいいヒロインがいっぱい登場しました

 「いちご100%」は2005年にアニメ化、コミックスは全19巻まで刊行された人気作品。主人公の中学生男子・真中淳平はある日、校内で謎の美少女のいちご柄のパンツを目撃して心を奪われてしまい、その子が誰だったのか探し求めます。正体は仲良くなったばかりの目立たぬクラスメイト・東城綾だったのですが、真中はそれを学年一のアイドル・西野つかさだと勘違いしたまま告白し、奇跡的に付き合うことに。そこから北大路さつきなどさまざまなヒロインを加え複雑な恋愛ドラマを展開。果たして優柔不断な真中が選ぶのは、運命の相手のいちごパンツの少女なのかどうか? が見ものの物語となっています。

 人気があったとはいえ、ここ最近「いちご100%」は復刻連載など関連イベントが特にあったわけではなく、TwitterやYahoo!のトレンドに突然現れたのは不自然。Twitterでは「いちご100%どうしたんだ」「なぜ上がったか不明で草生えた」と疑問の声がつぶやかれます。

 それでも一度走り出したみなさんの「いちご100%」愛は止まりません。「懐かしい…西野派です」「さつき推しの俺は変態扱いされた記憶がある」などどのヒロインが好きだったとか、「性欲と殺意が同時に湧くいい作品だった」「当時小学生だった僕には読むのが恥ずかしかった」などお色気シーンが多かったこととか、トレンドワードをみて作品を振り返るつぶやきが次々と投稿されました。

 トレンド入りした原因ですが、可能性として最も高いのが「いちご100%」のバレンタインに関するワンシーンを添付したあるツイート(コミックスの画像が大きく載っているためリンクは控えます)。画像は西野が手作りバレンタインチョコの1つに「ふざけてものすごく苦いチョコ」を入れ、それを食べた真中に「あたし苦いチョコ甘くする方法知ってるよ」と言ってキスをする場面です。ツイート本文ではこのバレンタインのシーンを作った作者について「どんな人生に身を置いてれば思いつくんだよ最高すぎる」と絶賛していました。

 ツイートは5日午前0時20分に投稿され、午後7時には1万回以上リツイートされていました。投稿時から派生して「いちご100%」を懐かしむツイートがぽつぽつつぶやかれ、午後12時ごろから爆発的に広がったと考えられます。

画像 午後12時ごろから急速的に広がりました

 何はともあれバレンタインという恋の季節に同作品はぴったり。終了から10年経過してなおこうして盛り上がる、「いちご100%」の人気が再確認できる一件でした。え? もう文庫版もKindle版も出てるだと……読み返したくなるじゃないですか!


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/17/news027.jpg いきがる新人子猫が兄猫に向かっていくと…… 優しくポンッとする姿に「手加減たまらない」「何度見ても笑っちゃう」
  5. /nl/articles/2208/16/news167.jpg アルピー酒井、2カ月10キロ減で中年太り克服 腹筋バキバキの肉体美に「かっこよすぎ!」「めっちゃ痩せてびっくり」
  6. /nl/articles/2208/16/news160.jpg 「にじさんじ」周央サンゴ、ついに志摩スペイン村から公式オファー 園内貸し切りで“限界突破”する激アツ動画に「言葉に表せない感動がある」
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  9. /nl/articles/2208/17/news093.jpg 坂口杏里さんの夫、離婚発表から初めての長文投稿 「皆が温かくて涙が止まらない」「ありがとうしか言えない」
  10. /nl/articles/2208/16/news134.jpg 「5x+6=y」をxについて解け 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【算数・式の計算編】

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい