ニュース
» 2015年03月02日 23時00分 公開

手袋を落とした! 残った片手袋の使い道を謎の人物「片手袋研究家」に相談してみた

片手袋への異常な愛情。

[中村未来/清談社,ねとらぼ]

 お気に入りの手袋を片方だけ落としてしまった……。そんな切ない体験をしたことはないだろうか。何が悲しいって、残された手袋の所在なさ。この“片手袋”に、いい使い道はないのだろうか?


画像 こういうこと、あるよね

 そう思って何気なく調べたところ、なんとこの世の中には「片手袋研究家」なる人がいるというのである。早速、会ってお話を伺った。そもそも“片手袋研究家”とは一体何をしている人なのだろうか?


画像 片手袋研究家の石井さんのWebサイト

「世の中にはびっくりするほどたくさんの手袋が落ちているんです。地面に置き去りにされたもの、誰かが手すりにひっかけたものなど、その形態はさまざま。そんな片手袋を写真に撮って研究を重ね、今年で10年目になります」(片手袋研究家・石井公二さん)

 予想外に長い研究家人生に衝撃を覚えた。さらに遡ると、幼少の頃にウクライナの絵本「てぶくろ」を読んで以降、街に片方だけ落ちている手袋が気になり始めたのが、片手袋愛への目覚めだという。

「専門分野は“落ちている手袋”ですが、もちろん残された手袋に関しても研究しています。一緒に片手袋の使い道について考えてみましょう」(片手袋研究家・石井さん、以下同)


画像 石井さんの研究によって解明した落ちた片手袋の分類図

「例えば軍手の場合。軍手なら、片方だけでもかなり使い道があるんですよ。ちょっと考えただけでもこれだけあるんですよ」(同)

  • 机や椅子の脚部分にはめて養生にする
  • 魚を調理するときに滑らないように片手にはめる
  • ニンニクを入れて干す
  • 石鹸を入れてネットとして使う
  • コーヒーフィルターとして使う
  • ぞうきんとして、片手にはめたまま床を拭く

 軍手を「手につけるもの」ではなく、「袋状の何か」として捉えることで、新しい活路が見出されるのである。

「そして、落として一番困るのは、やはりオシャレな手袋ですよね。軍手と違って使い道はかなり限定されると思います。しかし、片手袋研究歴10年の僕だからこそ声を大にして言いたいことがあるんです。それは、手袋を落としても簡単に諦めないこと! ふざけてるんじゃないですよ。手袋って本当にいろんな人が拾ってくれてるんです。落としたことに気づいたときは、とにかくよく探してみること。ガードレール、電柱、道端の支柱などに載せられている可能性があります。ただ、どれだけ探しても見つからないというときは、潔く諦めるしかありませんね。そこで、オシャレな片手袋の使い道を考えてみました。例えば、顔をつけてぬいぐるみにしたり、額縁に入れてオブジェみたいにしてみたり、アート作品として活用するのはいかがでしょう? ぬいぐるみやオブジェは、手袋のぬくもりを全面に出せるので、おあつらえ向きだと思います」(同)


画像 目をつけた手袋をコップに被せたもの。ぬいぐるみに混ざっても違和感がない

 オブジェにしたとたん、手袋が愛らしく見えるから不思議だ。また、「なりきりアイテム」として使う手もあるという。一体どういうこと……?

「世界で一番有名な片手袋って何かご存知ですか? そうです、マイケル・ジャクソンですね。かの名曲『ビリージーン』では片手袋でパフォーマンスしています。ちなみにこの手袋はオークションで1700万円もの値がついたそうです。また、映画『アナと雪の女王』で、エルサは片手袋の状態で『Let it go』を歌いだすんです。去年は空前の片手袋ブームだったといっても過言ではないでしょう。なりきりアイテムとは、つまり片手袋をしてマイケル・ジャクソンやエルサになっちゃおうということです」(同)

 「手袋を片方なくした! よし、エルサになりきろう!」と解決するとは思い難いが、こういった発想が生まれるのも、並々ならぬ片手袋愛ゆえか。そもそも、マイケル・ジャクソンやエルサの手袋に注目したことなんか、なかった。そして最後に、石井さんはこう付け加えた。

「そもそもです。手袋は両方同じものをしなくちゃいけない、という固定概念を捨てることです。サッカーの本田選手の時計と同じで、アンバランスさが逆に格好いいみたいな。手袋を落とした瞬間、あるいは誰かの手袋を拾った瞬間、あなたも片手袋研究家の一員なのです」(同)

(中村未来/清談社)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」