ニュース
» 2015年04月04日 17時46分 公開

青函トンネルでの発煙事故についてJR北海道が説明

最後の乗客が地上に出たのは停車から約5時間45分後だった。

[ねとらぼ]

 JR北海道で4月3日に青函トンネルで発生した特急スーパー白鳥34号の発煙事故について4日、詳しい状況を明らかにした。

 午後5時15分頃、津軽海峡線知内信号場から津軽今別駅間で車掌が5号車の窓から車外に火花が出ていることを確認し停止手配を実施後、旧竜飛海底駅から青森方面約1.2キロメートルの位置に停車。発煙を発見し初期消火を実施した。

スーパー白鳥 スーパー白鳥

 乗客は午後5時37分から乗務員の誘導により列車を降りて旧竜飛海底駅に徒歩で移動し、午後6時20分乗客すべてが到着したのを確認した後、誘導路から避難所へ移動。地上へつながるケーブルカーで午後7時35分から地上へと誘導を開始した。地上に到着した乗客は午後10時4分ころから順次バスにて青森市内へと移動した。最後の乗客が地上に出たのは停車から約5時間45分後だった。

スーパー白鳥 青函トンネルの構造

 特急スーパー白鳥34号は6両編成。乗客124人、乗務員5人が乗車しており、2人の乗客が気分が悪いとの申告があり救急車で病院へと搬送された。

 発煙の原因として、モーターに電気を送る配線に過電流が流れ、配線の被膜が焦げたものと推定されている。旧竜飛海底駅付近の列車火災検知装置では先頭から5軸目付近で発熱を検知していたが、比較的低温であったため火災との判断ではなかったと説明している。

スーパー白鳥 ケーブルカーで移動した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン