スマートフォンでのワンクリック請求の新たな手口 情報処理推進機構が注意呼びかけ

「請求画面の表示と同時に写真を撮られてしまったようだ」という相談が増加したため。

» 2015年04月09日 17時07分 公開
[高城歩ねとらぼ]

 情報処理推進機構(IPA)はスマートフォンのワンクリック請求に関する新たな手口とその対処方法について、公式サイトにて注意喚起を行っています。


画像 公式サイトでの注意喚起

 請求画面が表示されたと同時にシャッター音が聞こえたため、写真を撮られてしまったようだという相談が増えているそうです。これは請求画面を表示させる際に、ブラウザ上でシャッター音の音楽データを再生させる新しい手口。業者に顔写真などの個人情報が伝わってしまったと誤認させ、慌ててメールや電話連絡を取らせる意図があると考えられます。


画像 シャッター音を鳴らして自分の写真が撮影、送信されたと誤認させる

 なお、シャッター音を鳴らす手口とは別に、登録完了画面が表示された後、自動的に電話を発信させるWebサイトの存在も確認されています。 このWebサイトにアクセスして登録手続きを行うと、登録完了画面が表示された後にポップアップメッセージが表示されます。このメッセージのOKボタンをタップすると電話発信を確認するポップアップが表示され、うっかり電話発信の操作をしてしまうと電話がかかってしまう仕組み。


画像 登録完了画面の出現から電話発信確認のポップアップ表示までの流れ(イメージ画面:IPA作成)

 こうして電話を発信すると、番号に186をつけて発信され、利用者が非通知設定にしていても電話番号が相手に通知されてしまいます。電話発信をキャンセルしても登録完了画面に戻り、再び自動的にポップアップメッセージが表示されてループ状態となるため、利用者が電話発信ボタンを押さない限り、元のようにブラウザが使えないと思い込ませて、結果的に電話発信を促す点が巧妙です。


画像 請求画面が表示された場合の対処例(ブラウザの閲覧履歴の削除)

 今回のような手口への対処は、ブラウザのタブ削除や閲覧履歴の消去を行うこと、そして業者には絶対に連絡を取らないこと。ただし、タブの削除は誤操作により電話発信をしてしまう可能性があるため、ブラウザの閲覧履歴を消去する方法が推奨されています。

 ワンクリック請求は、利用者に対して不安や焦燥感を与えて業者にメールや電話をさせて個人情報を入手し、さまざまな理由で高額な支払いを要求する手口が基本です。請求画面が表示されても慌てず、ブラウザに表示された請求画面を消すこと、そして決して業者に連絡を取らないことが重要だそうです。


高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news173.jpg 「画期的!」「すげえ」 テレ東が特番放送→新聞の番組表に描かれた“まさかのデザイン”に驚き
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  10. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」