ニュース
» 2015年04月16日 20時31分 公開

入れ墨でも専用シールで隠せるなら入浴OK 星野リゾートが試験的に導入 ファッションや文化の違いを見据えて

そもそも日本の公衆浴場が「入れ墨お断り」をするのってどうして?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 銭湯や温泉、サウナ、健康ランドといった公衆浴場では、入れ墨(タトゥー)をした人の入場を拒否するお店が多いです。この慣習に一石を投じるような取り組みを、宿泊事業を営む星野リゾートが4月15日に発表しました。これで入れ墨を隠せるなら大浴場で入浴しても構わないという「タトゥーカバーシール」を、10月1日から温泉旅館ブランド「界」の全施設で試験的に導入します。

画像 星野リゾート公式サイト

 「タトゥーカバーシール」は8×10センチサイズのシールで、希望者に無料で配布する予定。具体的にどのようなものにするかまだ準備段階ですが、このシール1枚を貼って入れ墨を覆い隠している状態に限り、入れ墨を入れた人の入浴を許可するそうです。

画像 8×10センチ――これくらいならシールで隠して入浴できるかも?(photo by vavva_92

 広報担当者によるとシールを導入する理由は2つ。

 1つは国内の若者にファッションとしてタトゥーを入れる人が増えてきたこと。これに伴い小さなタトゥーなら抵触しないだろうという感覚で入浴する人も出てきた一方で、大小関わらずタトゥーは好ましくないとする利用客もいるため、価値観のすれ違いが起こっていました。施設でも、タトゥーを部分的に入れた人が入浴していたことに対し、「なんで入浴しているの?」とほかの利用客からクレームが発生したケースもあったといいます。

 もう1つは、外国人利用客が増えてきたこと。中には民族や文化を背景にタトゥーを入れている外国人も多く、彼らに対し日本の慣習である「入れ墨お断り」を掲げるのは、これからの時代を見据えた上でも課題だと感じたそうです。

 課題を解決するには「何か対策を講じないことには始まりません」と担当者。まずは「タトゥーカバーシール」の実施によって利用客から具体的な意見を聞き、両者が気持ちよく入浴できる道を探っていく狙いです。

画像 「入れ墨お断り」の表記の数々――なぜこのような慣習が?

 そもそも日本の公衆浴場が入れ墨を「お断り」するのはなぜでしょう。実は入れ墨そのものに対し国内では法的規制はなく、入場拒否は個人経営者がそれぞれ自発的に行っているものです。1985年に厚生大臣認可のもと設立された全国浴場組合(登録施設3848店)も「組合の方針として入れ墨をした人の入場禁止を掲げたことは一度もない」と答えました。

 それでも拒否する店が多いのは、入れ墨に対し反社会的なイメージをもった利用客とのトラブル発生を防ぐため。入れ墨は江戸時代に刑罰として罪人に施されたり、1872〜1948年は違式註違条例によって非合法とされたり、暴力団が帰属意識のため彫っていたりと、日本においてネガティブな歴史的背景をもちます。部分的とはいえ入れ墨に対しクレームが起こるのも、こうしたマイナスイメージが根強く残っているのが原因でしょう。「入れ墨お断り」の看板を無視して入浴施設に入った山口組系組長へ、「建造物侵入罪」(刑法第130条)に当たるとして懲役7カ月の実刑判決を言い渡す裁判も2010年にありました。

 ただしファッションや異国の民族文化など、反社会的とはいえない理由で入れ墨をもつ人々が増える現代。すべて一緒くたに「お断り」していくのは多様性への否定にも見えます。今回の星野リゾートの取り組みを入浴者がどう受け止めていくか見ものです。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」