ニュース
» 2015年04月20日 16時16分 公開

「深い……」とか思っちゃった? 美術館でただの時計とサングラスを現代アートっぽく置いてみた結果

なるほど、これには現代人が時間を色眼鏡で見ているというような意味が……え、私物?

[たろちん,ねとらぼ]

 前衛的な表現が多く、理解するのが難しいイメージのある現代アート。そんな作品を興味深く眺める「アート通」の人たちに、「本当にその意味分かってるの?」と問いかけるいたずらを仕掛けた男性が海外で話題になっています。

 男性はテキサス州のダラス美術館で行われた現代アート展に潜入。何の変哲もない腕時計とサングラスをいかにも現代アートっぽく床に置き、来場者がどんな反応をするか試してみたそうです。その結果、ほかの展示物と同様この「作品」も興味深そうに鑑賞するお客さんが続出。腕組みをしながらまじまじと見つめて何やら考え込む女性の写真もTwitterに投稿されています。あの、それ何の意味もこめられてないただの私物ですけど……。

画像 前衛的な現代アートっぽく置かれた何の意味もないサングラスと腕時計(画像:@jackdudeham

画像 床に放置された私物を見てめっちゃ考え込むアート通の人たち(画像:@jackdudeham

 抽象的な表現の多い現代アートの性質を逆手にとったちょっと意地悪ないたずらに、まんまと多くの人が引っかかってしまったようです。ただし、ただの便器にサインを入れただけの作品で「アートとは何なのか」を問いかけたデュシャンの「泉」のように、作者や鑑賞者がその意味を考えるのも現代アートの醍醐味。これは作者による説明がない分、その意味を考えたお客さん1人1人がアーティストになれる、新しい現代アート作品とも呼べるのかもしれません。(アートっぽい結論)

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する