ニュース
» 2015年04月20日 16時16分 公開

「深い……」とか思っちゃった? 美術館でただの時計とサングラスを現代アートっぽく置いてみた結果

なるほど、これには現代人が時間を色眼鏡で見ているというような意味が……え、私物?

[たろちん,ねとらぼ]

 前衛的な表現が多く、理解するのが難しいイメージのある現代アート。そんな作品を興味深く眺める「アート通」の人たちに、「本当にその意味分かってるの?」と問いかけるいたずらを仕掛けた男性が海外で話題になっています。

 男性はテキサス州のダラス美術館で行われた現代アート展に潜入。何の変哲もない腕時計とサングラスをいかにも現代アートっぽく床に置き、来場者がどんな反応をするか試してみたそうです。その結果、ほかの展示物と同様この「作品」も興味深そうに鑑賞するお客さんが続出。腕組みをしながらまじまじと見つめて何やら考え込む女性の写真もTwitterに投稿されています。あの、それ何の意味もこめられてないただの私物ですけど……。

画像 前衛的な現代アートっぽく置かれた何の意味もないサングラスと腕時計(画像:@jackdudeham

画像 床に放置された私物を見てめっちゃ考え込むアート通の人たち(画像:@jackdudeham

 抽象的な表現の多い現代アートの性質を逆手にとったちょっと意地悪ないたずらに、まんまと多くの人が引っかかってしまったようです。ただし、ただの便器にサインを入れただけの作品で「アートとは何なのか」を問いかけたデュシャンの「泉」のように、作者や鑑賞者がその意味を考えるのも現代アートの醍醐味。これは作者による説明がない分、その意味を考えたお客さん1人1人がアーティストになれる、新しい現代アート作品とも呼べるのかもしれません。(アートっぽい結論)

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む