ニュース
» 2015年07月07日 19時24分 公開

ギガゾンビはトラウマ 「のび太の日本誕生と時空の旅」展開催 ダイコンをパカってやるアレの再現メニューも!

のび太たちが作った架空動物のペガ、グリ、ドラコにも原画で会える!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 劇場版「ドラえもん」の第10作目「のび太の日本誕生」にスポットを当てた原画展、「のび太の日本誕生と時空の旅」が藤子・F・不二雄ミュージアムで2015年7月10日から2016年6月末まで開催されます。あの強敵・ギガゾンビが生原画としてやってくる……!

画像 ギガゾンビに土偶のツチダマ、架空動物のペガ、グリ、ドラコ……名キャラの数々を原画やグッズで!

 「ドラえもん のび太の日本誕生」は、1988年にマンガの大長編シリーズ第9作目として月刊コロコロコミックで7号にわたり連載され、翌年3月に劇場版が公開された作品。学校にも家にも嫌気が差したのび太たちは、7万年前の日本へ家出することに。そこで原始人の少年・ククルと遭遇し、彼らの一族を救うために不死身の精霊王・ギガゾンビに立ち向かう、という物語です。ギガゾンビや言葉を話す土偶・ツチダマ、のび太たちが作り出す架空動物のペガ、グリ、ドラコなど、オリジナルキャラが印象に残っている人も多いはず。

画像画像 原画イメージ

 原画展では「のび太の日本誕生」を中心に88点の原画を公開。同作だけではなく、「見ならいT・P」(T・Pぼん)、「片道タイムマシン」(キテレツ大百科)、「危険!! タイムマシン」(チンプイ)など、藤子・F・不二雄作品の中で“時空の旅”が登場するストーリーの原画もあわせて展示します。

 カフェには、映画に出てきたひみつ道具「畑のレストラン」の再現メニューも登場。この道具は、種を植えると1日と経たずに丸っこいダイコンが育ち、2つに割るとどら焼きやカツ丼などできたてホヤホヤの料理が入っているというもの。カフェではこのダイコンをイメージした器で「オムシチューライス」と「ミートソースパスタ」を提供します(各税込1850円)。道具の登場シーンを描いたランチョンマットも一緒にそえられていて、覚えていたファンにとっては食べたあとも何度も思い返して楽しめるメニューとなりそう。

画像 ダイコンをパカっと開いて食べるひみつ道具「畑のレストラン」再現メニューも! こちらは「オムシチューライス」(税込1850円)

画像 こちらは「ミートソースパスタ」(税込1850円)

画像 コミックスのシーンを描いたランチョンマット。なんてうまそうなんだ

画像 定番人気メニューの「ドリアもん」も原画展にちなんだ「のび太の日本誕生バージョン」を提供(税込1230円)

 また、同作にちなんだグッズも続々登場予定。原始人の格好をしたドラえもん、ギガゾンビ、ツチダマのピンバッチ3点セット(税別1200円)や、のび太たちがペガたちと一緒に描かれたクリアファイル(全2種、税別350円)など。原画やメニューとあわせて「のび太の日本誕生」ワールドに浸りたいところです。ギーガー!!(ギガゾンビの叫び声)

画像画像画像 ピンズセット(税別1200円)。左からドラえもん、ギガゾンビ、ツチダマ

画像 クリアファイル(全2種、税別350円)

画像 Tシャツ(全2種、税別2500円)※8月末頃登場予定

画像画像 手ぬぐい(全2種、税別800円)※8月末頃登場予定

(C)Fujiko-Pro

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ