ニュース
» 2015年07月07日 19時51分 公開

「宇宙列車は夢ではない」――松本零士氏を実行委員長に「銀河鉄道999現実化プロジェクト」発足

ついにSFを現実へ。

[太田智美,ねとらぼ]

 「銀河鉄道999」の世界を現実化しようと、7月7日に「銀河鉄道999現実化プロジェクト」が発足した。このプロジェクトは、「銀河鉄道999を実現」するため長期間にわたり仕掛けていくというもの。新デザイン車両「新銀河鉄道999電車」の企画を皮切りに、国内外で次々に企画を実現していく。


画像 (C)Leiji Matsumoto

画像 (C)Leiji Matsumoto

画像 (C)Leiji Matsumoto

 「新銀河鉄道999電車」では車両外観のラッピングだけではなく、銀河鉄道999の世界観を表すため車内デザインの工夫や先端技術の導入も検討とのこと。最終目標は「蒸気機関車型未来車両を西武線に走らせる」とし、駅舎や街を巻き込んだデザインを創り上げる予定だ。

 なお、このプロジェクトの資金調達はクラウドファンディングサイト「Makuake」で9月29日まで行われる。目標金額は2999万円。1万円のコースでは「新銀河鉄道999電車」に最初に乗車できる権利や「新銀河鉄道999電車」運行開始の最初の30日間つり革に名前が記載される権利が。2万円のコースでは一般公開前の新銀河鉄道999電車を撮影する権利。さらに、10万円のコースでは松本先生描き下ろしのメーテルの色紙をもらえることに加え、松本先生を囲んでランチを一緒にできる権利が付与される。

 銀河鉄道999の原作者である松本零士氏は「私が生きている間に実現できるかどうかは分からないが、宇宙列車は夢ではないと思っている。乗った人が『おれものった』『わたしものった』という生涯忘れられないような、希望に満ちた明るい電車にしたい」と語る。


画像 銀河鉄道999の原作者である松本零士氏

画像

画像 (C)Leiji Matsumoto

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響