ニュース
» 2015年07月28日 11時58分 公開

バイソンと自撮りしようとして……女性がバイソンにはね飛ばされる事故 米で発生

米国立公園局は「野生動物に近づくべきではない」と注意を呼びかけ。

[ねとらぼ]

 バイソンを背景に自撮りしようとした女性が、バイソンにはね飛ばされてけがをする事故がアメリカで起きました。

 事故は先週、イエローストーン国立公園で発生。43歳の女性とその娘が、バイソンから6ヤード(約5メートル)の距離に近づいて写真を撮ろうとしました。2人がバイソンに背を向けたときに、誰かが近づきすぎだと警告。バイソンが近づいてくる足音を聞いて、2人は逃げ出しましたが、バイソンが頭で女性を持ち上げて放り投げたそう。女性は運良く軽傷で済みました。

 公園内にはバイソンに近づかないようにという警告が出ていましたが、女性らは、ほかの人が近くに行っていたので大丈夫だと思ったのだそうです。ネットにはバイソンと自撮りをした写真もいくつか見受けられますが、米国立公園局は「おとなしく見えても、野生動物に近づくべきではない」「バイソンは人間の3倍の速さで走れる。予想不可能で危険だ」と注意を促しています。今季、バイソンに近づいてけがをした人は5人目。

 同局は、バイソンやオオツノヒツジなどの大型動物は23メートル以上、熊や狼は91メートル以上離れる必要があるとしています。

イエローストーン国立公園のバッファロー(Image Credit:Yellostone National Park

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」