ニュース
» 2015年08月09日 13時43分 公開

刀剣も多数展示 徳川美術館「没後400年 徳川家康 −天下人の遺産−」展を見てきた

刀剣乱舞ファンにおなじみの「鯰尾藤四郎」、国宝の「津田遠江長光」など、「没後400年 徳川家康 −天下人の遺産−」展でさまざまな武具を見てきました。

[松岡洋,ねとらぼ]

 名古屋の徳川美術館では江戸幕府を開いた徳川家康没後400年にあたる2015年、8月1日から9月13日の期間、尾張徳川家に伝わる家康公のさまざまな文物を「天下人の遺産」として展示しています。

「没後400年 徳川家康 −天下人の遺産−」

 尾張徳川家は、紀伊徳川家、水戸徳川家とともに徳川将軍家(宗家)を支える御三家の1つで、尾張徳川家はその中でも特に多くの文物を残しており、これらを徳川美術館に収蔵し、調査を行っています。武術歴25年の筆者が、武術マニアからの視点で展示を紹介します。

 今回の「天下人の遺産」展は、徳川幕府成立前の織田信長の時代から家康公が没するまでの文物が展示されており、国宝の「津田遠江長光(つだとおとうみながみつ)」をはじめ、歴史の転換点となった多くの刀剣類が展示されています。ポスターにも登場している「徳川家康三方ヶ原戦役画像」は、三方ヶ原の合戦で武田軍に敗れて憔悴する家康公を描いたもので、負け戦の戒めとして描かせたものとのこと。

「徳川家康三方ヶ原戦役画像」

 国宝「太刀 銘 長光 名物津田遠江長光」は、本能寺の変により織田信長から明智光秀の手に渡り、その後前田家を経て徳川綱吉に献上された、まさに歴史上の人物の手を経た太刀。

「太刀 銘 長光 名物津田遠江長光」

 展示室を案内していただいた学芸員の薄田大輔さんのお話では、ブラウザゲーム「刀剣乱舞」のファンが美術館を訪れるようになり、特に「脇差 銘 吉光 名物 鯰尾藤四郎」の公開時にはそれまで見かけることが少なかった若い女性が大勢来館したとのことでした。前回公開時は拵え(こしらえ)の展示がありませんでしたが、刀剣乱舞ファンの強い要望があり、今回は拵えもともに展示していました。

「脇差 銘 吉光 名物 鯰尾藤四郎」

 全国100万人の審神者(さにわ:刀剣乱舞プレイヤー)の方たちはすでにご存知のように、鯰尾は大阪城落城の際に焼かれたため家康公の命によって焼き直しおよび研ぎ直しが行われ、独特の光を放っています。基本的に徳川美術館の収蔵刀剣は研ぎ直しを行わず本来の姿で展示されており、鯰尾はその中でも異色と言えるでしょう。

 こちらは重要文化財「刀 銘 本作長義」。この刀の写しを堀川国広に写させた山姥切国広はみなさんも御存知の通り。

「刀 銘 本作長義」

 同じく重要文化財「太刀 銘 備前国長船住守家 名物 兵庫守家」。写真を見ると、刀身がすこし鈍く光を反射しているのが分かりますが、本来の武具として研ぎ直しをせずこのような姿のまま展示しているとのことです。

「太刀 銘 備前国長船住守家 名物 兵庫守家」

 備前は現在の岡山県にあたり、実はこの一帯は日本の武術の故郷とも言える地域なのです。日本最古の柔術と呼ばれている竹内流も備中が発祥の地であり、宮本武蔵も一節によればこの一帯の美作の生まれとされ、少林寺拳法の宗道臣開祖も美作の出身なのです。

 重要文化財「脇差 無銘 貞宗 名物 物吉貞宗」は徳川家康の愛刀で、この脇差を帯びて出陣すると負け知らずという故事から「物吉(ものよし)」と名付けられました。

「脇差 無銘 貞宗 名物 物吉貞宗」

 「短刀 銘 吉光 名物 包丁藤四郎」は石田三成の盟友・大谷吉継の短刀で、関ヶ原の合戦において敗走し自刃。後に家康から尾張徳川初代義直に伝わったもの。

「短刀 銘 吉光 名物 包丁藤四郎」

 「太刀 銘 国俊 名物 鳥養国俊」は石田三成が関ヶ原の合戦で紛失、東軍(家康方)の富田信高が見つけ出して家康に献上したもの。

「太刀 銘 国俊 名物 鳥養国俊」

 重要文化財「刀 無銘 一文字 名物 南泉一文字」は、それまで豊臣家より格下であった徳川家の地位が逆転した、京都二条城での家康と豊臣秀頼の会見において秀頼から家康公に贈られた刀です。

「刀 無銘 一文字 名物 南泉一文字」

 「花色日の丸威胴丸具足」は豊臣秀吉の具足と考えられていたが、その後の調査により家康のものと判明したもの。ちなみにこのような具足は兜も含めると約20〜40キロほどの重量になります。現在も柳生心眼流などに具足を装備した状態で戦う甲冑伝と呼ばれる体術が伝承されています。

「花色日の丸威胴丸具足」

 「紅・白・花色紺段威具足」も当初は秀吉の影武者の具足と考えられていたが、その後の調査で家康のそばに仕えていた武士のものと判明しました。兜に桐紋がみられますが、これは代々幕府の紋章として用いられており、現在も日本国政府の紋章となっています。

「紅・白・花色紺段威具足」

 「母衣(ほろ)」は、戦場で背後からの矢を防ぐために背中に背負った防具です。実は筆者も実物を見たのはこれが初めてでした。

「母衣」

 「蓮唐草文推朱碁笥(れんからくさもんついしゅごけ)」、通常碁石は貝と石でできていますが、これはガラスでできた「びいどろ」碁石で非常に珍しく、当時は非常に高価であったものです。

「蓮唐草文推朱碁笥」

 武具を中心に紹介してきましたが、辻が花染の見事な装束や藤原定家の書や続日本紀などなかなか見られないものが一堂に展示されていますので、審神者のみなさんもその奥深い世界をじっくり鑑賞することをおすすめします。

松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」