ニュース
» 2015年09月12日 10時25分 公開

埼玉県行田市の「田んぼアート」がギネス世界記録を獲得!

813人で植えた田んぼの芸術がすごい。

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 青々と実った広大な田んぼに、くっきりと浮かび上がる美しい絵画。これは「田んぼアート」と呼ばれるもので、行田市でお米(彩のかがやき)と観光をPRするため、7年前から市をあげて取り組んできた一大事業。その想いがついに、世界を動かしギネス認定されるに至った! 田んぼアート面積・約2万7195平方メートルという広さが、世界最大として認定されたのだ。


画像 田んぼになんか描かれてる!

 2015年のテーマは「古代から未来へ夢をつなぐまちぎょうだ」。このワードをもとに「古代蓮」「地球」「子どもたち」「宇宙」「はやぶさ2」を描き出した。この作品の中でよく見てほしいのは、絵の“濃淡”。女の子や男の子の髪の毛など黒い部分がある。いや、むしろ黒い部分の方が多い! この黒い部分は、稲が植えられていないということ……?


画像 2008年度(初年度)の取り組み

 行田市役所に聞いてみた。

 「黒い部分も植えてありますよ。黒く見える稲が植えてあるんです。この絵を成功させるために、農家の方には多大なご協力をいただきました。なんたって稲だけで絵を描くわけですからね、繊細なコントラストを作るために稲を厳選しまして、最終的に7種類もの稲を植えました。一般公募により集まってくださった813人の方の手により、約2万8000平方メートルという広大な田んぼを、2日間で植えてもらいました」(田んぼアート米づくり体験事業推進協議会事務局 行田市役所)


画像 田んぼアーティストの皆さん

 それほどまでに緻密であったとは。さすがギネス認定の田んぼアート! 日本だからこそ創られるこの芸術を、自分の目で見たい方は収穫期となる11月下旬までに見に行くべし。「古代蓮会館」の展望室から一望できるのだ。

(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる