ニュース
» 2015年09月12日 10時25分 公開

埼玉県行田市の「田んぼアート」がギネス世界記録を獲得!

813人で植えた田んぼの芸術がすごい。

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 青々と実った広大な田んぼに、くっきりと浮かび上がる美しい絵画。これは「田んぼアート」と呼ばれるもので、行田市でお米(彩のかがやき)と観光をPRするため、7年前から市をあげて取り組んできた一大事業。その想いがついに、世界を動かしギネス認定されるに至った! 田んぼアート面積・約2万7195平方メートルという広さが、世界最大として認定されたのだ。


画像 田んぼになんか描かれてる!

 2015年のテーマは「古代から未来へ夢をつなぐまちぎょうだ」。このワードをもとに「古代蓮」「地球」「子どもたち」「宇宙」「はやぶさ2」を描き出した。この作品の中でよく見てほしいのは、絵の“濃淡”。女の子や男の子の髪の毛など黒い部分がある。いや、むしろ黒い部分の方が多い! この黒い部分は、稲が植えられていないということ……?


画像 2008年度(初年度)の取り組み

 行田市役所に聞いてみた。

 「黒い部分も植えてありますよ。黒く見える稲が植えてあるんです。この絵を成功させるために、農家の方には多大なご協力をいただきました。なんたって稲だけで絵を描くわけですからね、繊細なコントラストを作るために稲を厳選しまして、最終的に7種類もの稲を植えました。一般公募により集まってくださった813人の方の手により、約2万8000平方メートルという広大な田んぼを、2日間で植えてもらいました」(田んぼアート米づくり体験事業推進協議会事務局 行田市役所)


画像 田んぼアーティストの皆さん

 それほどまでに緻密であったとは。さすがギネス認定の田んぼアート! 日本だからこそ創られるこの芸術を、自分の目で見たい方は収穫期となる11月下旬までに見に行くべし。「古代蓮会館」の展望室から一望できるのだ。

(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響