ニュース
» 2015年09月25日 18時46分 公開

ラグビーのルールやポジションをインコで解説したイラストが分かりやすいと話題に

かわええ。

[たろちん,ねとらぼ]

 ラグビーW杯・南アフリカ戦の歴史的勝利をきっかけに大きな注目が集まっているラグビー日本代表。一方で、普段はあまりラグビーを見たことがなく、「ルールがよく分からない」という人も多いようです。そんな人のためにインコのイラストでラグビーを解説した画像が、Twitterで話題になっています。

インコラグビー インコで学ぶラグビーの疑問(画像提供:@komatsukanaeさん)

 ペンギン・インコ陶作家のこまつか苗(@komatsukanae)さんがTwitterで公開したもの。「走る前にボールをちょん、と蹴るのはなぜ?」「ボールを持った人がわざわざ人が密集している場所に飛び込んでいくのはなぜ?」といった、ラグビー初心者が気になる素朴な疑問について解説しています。これらの答えは「相手ペナルティのあとで止まった状態から前に進むときには必ずキックをしないといけないため、自分でボールを持って進みたいときに選ぶプレー」「相手を自分のまわりに集めることで起点となり、守りの薄くなった外側にパスを出して前進するプレー」なのだそう。ふむふむ。

インコラグビー インコで学ぶラグビーのポジション(画像提供:@komatsukanaeさん)

 また、それぞれのポジションにどういう役割があるかについてもインコを使って解説。ラグビーのポジションは前から順に背番号で見分けられるようになっており、最前線で押し合いを担当する「プロップ」は体の大きな1・3番の選手、両サイドからトライを狙う「ウイング」は足が速い11・14番の選手、正確なロングキックを持ち日本の重要な得点源として活躍する五郎丸歩選手のポジションでもある15番の「フルバック」などが一目で分かるようになっています。ちなみにインコで表現した理由は「人間が描けないから」だそうですが、かわいいインコのイラストで見るとルールブックなどで覚えるよりもイメージがしやすい気がします。

 こまつか苗さんはほかにもさまざまなインコのラグビーイラストをTwitterに投稿しています。9月23日の試合ではスコットランドに敗れ、2戦連続の金星とはなりませんでしたが、過去最高レベルの躍進を続けている日本代表。まだルールが分からないという人たちは、こちらのインコたちを参考にすると、今後の試合観戦がより楽しめるかもしれません。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響