ニュース
» 2015年12月26日 11時00分 公開

ネコ好き、本好き、お酒好きにぴったり ネコ本を読みながらお酒が飲める「ネコ文壇バー」に行ってきた

ネコ本を読みながらお酒が飲める「ネコ文壇バー」はどんなところ? 実際に訪ねてみた。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 「文壇バー」と聞くと、お偉い作家さん同士が文学について語り合う……というイメージが浮かぶかもしれない。そんなお固いイメージがぱっと軽くなるような「ネコ文壇バー 月に吠える」がこのほど、東京・新宿にオープンした。ネコ文壇バーとは一体どのようなバーなのだろうか。

 東京メトロ新宿三丁目駅から徒歩1分、飲食店が立ち並ぶ通りのビルの3階に「ネコ文壇バー 月に吠える」はある。エレベーターがないので階段で3階まで上がると、そこには「プチ文壇バー 月に吠える」と書かれたプレートが。実はこのお店、新宿ゴールデン街に店をかまえる「プチ文壇バー『月に吠える』」の2号店。取材時はオープン3日目で、「ネコ文壇バー」のプレート作成が間に合わず、代わりに「プチ文壇バー 月に吠える」のプレートが下げられていたようだ。

 扉を開けようとすると、壁に谷崎潤一郎の小説「猫と庄造と二人のおんな」の紹介文と、ネコを抱いた谷崎の写真が。大学では近現代文学を専攻していた文学少女、そして大のネコ好きの筆者はこれを見ただけで胸が騒ぐ。

 店は土足禁止。靴を脱いで店内へ。

 店内は広く、テーブル席とカウンター席の計20席。

 壁には作家とネコのエピソードも貼られている。

 そして、本棚にはネコに関する本がいっぱい。小説、エッセイ、写真集、飼育本、絵本など、約250冊のネコ本がそろっている。

ネコ文壇バー ネコ本いっぱい! まだまだネコ本を募集中

 ネコに関する本を寄付すると1杯サービスとのことで、筆者も読み終わったネコ雑誌を寄付。では、さっそく、カウンターに座って1杯。マスターであり、ジャーナリストとしても活躍中のコエヌマカズユキさんにオーダーしたのは、ネコを連想させる「またたび焼酎」の水割り。またたびの香りをつけた焼酎だ。

ネコ文壇バー お酒を作るコエヌマさん
ネコ文壇バー またたび焼酎の水割り

 またたび焼酎の度数は35度と高め。飲んでみると、ワイルドで少しクセがあるのに、後からまろやかさもやってくる。何とも形容しがたい不思議な味だ。飲みながら、コエヌマさんにお店をオープンした理由を聞いてみた。

 「文壇バーと言うと、敷居が高いイメージがあるので、ゴールデン街にある1号店の『プチ文壇バー 月に吠える』は『日本一敷居の低い文壇バー』というコンセプトでやっております」とコエヌマさん(編集部注:「敷居が高い」は本来「不義理があって行きにくい」という意味だが、「レベルが高い」の意味で誤用されることが多いためコエヌマさんはそれに合わせている)。1号店はライター志望者や作家志望者、編集者が集まるお店で、常連さんから文藝賞受賞者も出たという。では、2号店はなぜネコなのか?

 2号店の「ネコ文壇バー」は完全に思いつきで始めたのだとか。コエヌマさんが取材で石川県に行った際、石川近代文学館を訪れ、石川出身の小説家・室生犀星のネコの「カメチョロ」の写真を目にしたのがきっかけ。とてもかわいく、「カメチョロ」という名前のセンスも最高だと思った。もともとネコが好きだったコエヌマさん、「カメチョロ」の写真を見てネコブームが来て、2号店のコンセプトはネコにしたと語る。

 店の壁には、室生犀星と火鉢の縁に前足をかけて暖をとる猫の萌え写真が! 犀星はカメチョロの他にも多くの猫を飼っており、こちらは「ジイノ」というのだそう。

ネコ文壇バー 室生犀星とジイノ

 オープンしたての店内は小奇麗で、取材時は落ち着いた雰囲気だった。ネコの本を読みつつ飲むお酒はいつもよりおいしい。2回目以降の来店者は本を借りることもできる(1カ月以内に返却)。

ネコ文壇バー 写真家のアラーキーが飼っていたネコ「チロ」が出てくる本
ネコ文壇バー 続いては犬に育てられたネコのブログ本を読む

 オリジナルカクテルには「印税生活」や「締切前夜」など、作家をイメージさせるものも。

ネコ文壇バー

 20時を過ぎるとお客さんで込み合ってきた。隣に座っていた30代の男性は、1号店に通っていた本好きの常連さん。この日、初めて2号店に訪れたそうだ。テーブル席には本好きの男性とネコ好きの女性のカップルが来店。ネットのニュースで知って訪れた。「締切前夜」と「印税生活」を頼んだ2人は、自由気ままにネコ本を読んで過ごしていた。

ネコ文壇バー 向かって左が印税生活(ラムをコアントローで割り金粉をふりかけたもの)、右が締切前夜(カルーアをエナジードリンクで割ったもの)

 今後は読書会や1日店長などのイベントも実施していきたいというコエヌマさん。「ネコ文壇バー 月に吠える」は、ネコが好きな人、本が好きな人、そしてお酒が好きな人にとってのオアシス空間と言えそうだ。

ネコ文壇バー コエヌマカズユキさん。オススメのネコ本「ノラや」内田百間(間は本来は門がまえに月)を手に撮影
ネコ文壇バー 店のマスコットは「ネコ月子さん」
ネコ文壇バー 時おり、店のスタッフが本物のネコを連れてくることも

店鋪情報

住所:東京都新宿区新宿3-6-11 第1玉屋ビル3階A号室

TEL: 03-3226-1267

営業時間:19時〜24時(年内は休まずに営業)

定休日:日・祝日

料金:チャージ500円、ドリンク600円〜

Facebookページ:https://www.facebook.com/nekobundanbar/


姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」