ニュース
» 2016年01月13日 08時00分 公開

パンがなければチクワを食べればいいじゃない! 練り物専門店「ネルサイユ宮殿」の公式サイトが攻めてる

カネテツさん何やってるんですか!

[神奈川はな,ねとらぼ]

 水産加工食品メーカーのカネテツが「エキマルシェ新大阪」(JR新大阪駅)にオープンした、同社初となる練り物専門店「ネルサイユ宮殿」の公式サイトがおかしなことになっています。

ネルサイユ宮殿 あの名言で出迎えてくれる! (ネルサイユ宮殿公式サイトより)

 「ネルサイユ宮殿」はルネサンス風にアレンジした新感覚の練り物メニューを提供する専門ショップ。昨年末にオープンしたショップの内装は、架空の宮殿「ネルサイユ」をモチーフに赤い絨毯や大理石でまとめられ、店内には同社のイメージキャラクター「てっちゃん」をマリー・アントワネット風にした「マリー・アントワ・てっちゃん」があしらわれています。

ネルサイユ宮殿 内装は宮殿風!
ネルサイユ宮殿ネルサイユ宮殿 マリー・アントワ・てっちゃんと同社キャラクターのてっちゃん(カネテツ公式サイトより)

 宮殿をモチーフにした公式サイトでは、マリー・アントワ・てっちゃんがいきなり「パンがなければチクワを食べればいいじゃない」とお出迎え。無数のチクワが見え隠れする宮殿内は、ネルサイユ宮殿の成り立ちを解説した「歴史の間」、マリー・アントワ・てっちゃんを紹介した「王妃の間」、同店で扱われているメニュー「王妃のひとつまみ」や「パン・ド・ほぼカニ」などを紹介する「饗宴の間」、住所や営業時間を案内してくれる「執事の間」に分かれています。BGMをオンにすれば優雅なクラシック音楽を聴きながら宮殿探索を楽しむことも可能。

ネルサイユ宮殿 音楽付きも選べます(ネルサイユ宮殿公式サイトより)
ネルサイユ宮殿 歴史の間(ネルサイユ宮殿公式サイトより)
ネルサイユ宮殿 王妃の間(ネルサイユ宮殿公式サイトより)
ネルサイユ宮殿 饗宴の間(ネルサイユ宮殿公式サイトより)
ネルサイユ宮殿ネルサイユ宮殿 練り物をルネサンス風にアレンジしたメニュー「王妃のひとつまみ」「パン・ド・ほぼカニ」
ネルサイユ宮殿 執事の間(ネルサイユ宮殿公式サイトより)

 「ネルサイユ宮殿」は民衆に新しい練り物で喜びを与えたいというマリー・アントワ・てっちゃんが提唱した「ねりものコペルニクス」を実現すべく、新大阪に築城されたという設定。サイトには「宮殿の広さはおよそ4坪」「宮殿内の公用語は日本語」「馬車でお越しの方はフランスから245日」など、随所に気になるワードが散りばめられています。サイトを眺めるだけでも楽しめますが、実際にお店に足を運ぶと貴族風の衣装を身に着けた店長さんや特製のエプロンを身に着けた店員さんが迎えてくれるそうです。

(神奈川はな)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい