ニュース
» 2016年02月03日 19時40分 公開

厚労省がニートに向けたWebコンテンツ「本気ミッション」公開 謎ミッションをクリアして人生の運気をアップしよう

「俺はまだ本気出してないだけ」の主人公・大黒シズオが広報キャラクターに。

[たろちん,ねとらぼ]

 若者の職業支援を行う厚生労働省の「地域若者サポートステーション(サポステ)」が、漫画「俺はまだ本気出してないだけ」の主人公・大黒シズオをモチーフにしたオリジナルWebコンテンツ「本気ミッション」を公開しました。

本気ミッション サポステ

 サポステは働くことに踏み出せないニートたちとじっくり向き合い、「働き出す力」を引き出して社会へ踏み出す橋渡しを行う支援機関。40代フリーターのシズオを広報キャラクターに起用し、「キミはまだ本気出してないだけ」などのキャッチコピーでサポステの紹介や若者の支援を行っています。

本気ミッション 本気ミッション

本気ミッション ニックネームを入力すると「本日の本気ミッション」を選んでくれます

 新たに追加された「本気ミッション」は、シズオの分身である「カミ」が若者の本気を応援するためのさまざまなミッションを出してくれるコンテンツ。「易・並・難・爆」に最高難度「神」を加えた5段階のミッションが用意されており、合計73個の中から本日のミッションがランダムで3つ選ばれます。内容は「JALとANAを見分ける」「5億円の使いみちを考える」「高級メロンの気持ちになる」「健やかに育つ」などシュールなものが多めですが、これらを本気で行うことで人生の運気がアップするのだそうです。そ、そうなのか……?

本気ミッション 妙にシュールな「本気ミッション」の例

本気ミッション 難易度の設定が微妙に雑です

 厚労省は、本来サポステを利用してもらいたい層への認知度がまだまだ低いことから、シズオを広報キャラクターとして採用。40代フリーターのシズオだからこそ、働きたいけど一歩が踏み出せない若者の応援団の立場で語ることができると期待しています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」