ニュース
» 2016年05月18日 13時15分 公開

ナイスPOP! 晴明神社が作ったSNS風顔出しポップパネルがめっちゃシェアしたくなる

顔出しパネルのメガ進化。

[Kikka,ねとらぼ]

 京都市上京区の晴明神社が19日からSNS風の顔出しポップパネルを設置すると発表。写真を公開したところ、かわいいと話題になっています。

 晴明神社が設置するのは、「Twitter」「Instagram」「Facebook」という3大SNSをモチーフにしたフレームパネル。よく見てみると、莫大な数の“いいね”が晴明神社の電話番号になっていたり、しれっとハッシュタグで宣伝していたりと芸が細かいです。


晴明神社 Twitterバージョン

晴明神社 Instagramバージョン

晴明神社 Facebookバージョン

 「ツィート時に活用できるパネルを設置します。境内でしたら、持ち運び可能です。ご使用後は、所定の位置にお戻しくださいね。参拝の印にせびご活用ください。」というメッセージと共に添えられたフレームパネルの画像は、3時間足らずで1400件以上のリツイートがされています。

 安倍晴明公を祀り、寛弘4年(西暦1007年)創建という歴史ある神社がなぜSNSを意識したパネルを制作したのか、企画した広報担当者に取材してみました。


晴明神社 修学旅行生に特に人気の「式神との顔出し看板」

 広報担当によると晴明神社には、以前から「式神との顔出し看板」(いわゆる顔出しパネル)が設置されているそうです。

 その顔出しパネルが好評で撮った写真をSNSにも投稿されていたという背景があり、今回のSNS風のパネルを作成するに至ったとのこと。つまり顔出しパネルの進化形だったのですね。

 神社で写真を撮ってSNSにアップしていいものか、どうなのかという点については、「晴明神社、ご参拝のお印としてご利用いただいて大丈夫です」とのことでした。


晴明神社 境内の中は持ち歩きOK

 このパネルは境内の中であれば持ち運び可能なので、安倍晴明公像や式神石像前でも撮影ができるそうですよ。

 このほかにも、晴明神社では6月30日までInstagramキャンペーン「五芒星を見つけよう!」という特典付き企画を実施中。神社がSNSと密接に関わる時代が来たのか、と感慨深くなります。

晴明神社 〜Instagramキャンペーン〜

キャンペーン概要

身近な五芒星(星形)を見つけて、Instagramにハッシュタグ「#五芒星」を付けて投稿して下さい。

5回投稿して晴明神社を参拝すると、五芒星がかたどられた「魔除けステッカー守」がもれなく進呈されます。

詳しくは晴明神社HPをご確認ください

(画像提供:晴明神社)


(Kikka)


関連キーワード

神社 | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン