ニュース
» 2016年06月21日 16時45分 公開

東京となにが同じで、なにが違う?:「上海ディズニーリゾート」リポート 上海で見つけた、ディズニーが「夢はかなう」と言える理由 (1/5)

東京との違いは? どんなアトラクションがある? 上海ディズニーリゾートをリポートします。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

オープンを待ったかいがあった! 次世代のパークが上海に登場

 2010年11月、ディズニーは正式に上海ディズニーランドにゴーサインを出しました。それから約6年、2016年6月16日12時に「上海ディズニーリゾート」はオープンしました。単なるテーマパークから「リゾート」へ進化し、ロサンゼルス、フロリダ、東京、パリ、香港に次いで世界で6カ所目のディズニーリゾートを体験してきました。

 中国ゲストの状況や混雑度合い、文化的な違いなどは今回一切取り上げません。そんなことよりも、ディズニーがいうところの「夢はかなう」を体現してしまったパークであることが重要だと感じました。ディズニーを追いかけてきたマニアが、このパークの何に惚れたか、まずはとあるアトラクションから紹介したいと思います。

上海ディズニーランド オープン当日はあいにくの雨でしたが、キャストが笑顔でお祝いしてくれました
エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル 上海ディズニーランド中央には「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル」があります。

新世代「カリブの海賊」の衝撃

 そのアトラクションとはカリブの海賊。「パイレーツ・オブ・カリビアン:バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー」(沈められた財宝をめぐる闘い)は映画版「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズをもとにした、上海にしかないアトラクションです。

カリブの海賊上海版 同じ名前だけれど全く違うカリブの海賊上海版「Pirates of the Caribbean: Battle for the Sunken Treasure」

 ざっくりとしたストーリーの概略は実はほとんど東京版と同じで、海賊たちの末路であるガイコツのシーン、そして海賊たちが活躍していたころに時間を移動し、最後には海賊同士のバトルを目の前にするというもの。流れは同じながら、このアトラクションではディズニーのイマジニア(イマジネーション+エンジニアという意味を持つ造語)たちによる最新の演出技術が取り入れられています。単なる「水流ライド」ではなく、ボートのスピードは変幻自在、さらには横にスライドしたり、後ろ向きに進んだりします。突然目の前に登場するジャック・スパロウ。そしてまるで生きているかのように動くデイヴィ・ジョーンズ……それだけではありません。

カリブの海賊上海版 映画第2作「デッドマンズ・チェスト」に登場したデイヴィ・ジョーンズに見つかってしまうと……巨大なのにスムーズに動く姿に注目

 このアトラクションの鍵は「没入感」。それを維持するための大仕掛け、小仕掛けが大量にあります。その構造を支えているのは新旧さまざまな演出方法で、古くは「ペッパーズ・ゴースト」と呼ばれるハーフミラーを使った合成技術や、紗幕を使った光の演出、そしてオーディオアニマトロニクスと呼ばれるロボット技術に加え、ディズニーが“ダイナミック・エンバイロンメント”と呼ぶ、プロジェクションマッピングを使った演出がふんだんに使われています。

 果たして、ジャック・スパロウが海の底に沈む財宝を手にして「ヨー・ホー!」の歌声を響かせるのか、はたまたその財宝は幻に過ぎないのか――それはぜひ、その目で見て確かめてください。最新の技術を惜しみなく投入しながら、かつ現行の「カリブの海賊」ファンの期待も全く裏切らない、世界最高級のディズニー作品だと思います。YouTubeの動画では全く伝わらない、体験こそがすべてのアトラクションでした。

カリブの海賊上海版 オープン当日に乗ったゲストには、こんな証明書もプレゼントされました。
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた