ニュース
» 2016年07月15日 13時50分 公開

盗撮目的でカメラを向けることを規制―― 滋賀の条例改正案に「”盗撮目的”の判断はどうやって?」などの声

ポケモンGOができなくなるのでは? との意見も。

[イッコウ,ねとらぼ]

 滋賀県警は、11年ぶりに改正される迷惑行為等防止条例案について意見を公募しています。しかし、一部の改正案が物議を醸しているようです。



 この迷惑行為等防止条例の改正案には、盗撮行為の規制場所拡充や盗撮行為で映像を記録した場合の罰則強化、つきまとい行為の禁止規定新設などに加え、”盗撮目的で写真機等を「人に向ける行為」「設置する行為」の規制対象化”が盛り込まれていますが、この”(盗撮目的で)写真機を人に向ける”ことが規制対象になることに関し、さまざまな意見があがっています。


滋賀の条例 条例改正のポイント(滋賀県警のサイトより)

 規制対象化は、盗撮目的でカメラを設置する行為そのものや、設置されていたカメラで下着姿などの映像が撮影されていなかった場合に、これまでの条例では「盗撮」として規制できなかったことを踏まえて改正案が出されたもの。しかし、Twitterでは「“盗撮目的”をどうやって判断するのか」「うかつにカメラを持ち歩けない」「滋賀県に近づけなくなる」などの批判的な意見も。

 Twitterには現在世界的に話題になっている「ポケモンGO」がプレイできなくなるのでは? と危惧する声も多数上がっている様子。この改正案への意見は7月20日まで郵便・FAX・メールなどで受け付けています。

関連キーワード

盗撮 | 批判 | 警察 | 公募


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」