ニュース
» 2016年08月12日 15時10分 公開

約400歳と推測されるサメ発見 デンマークの大学の調査で世界最長寿の脊椎動物と判明

江戸幕府第3代将軍・徳川家光のころに生まれたサメが、まだ生きていた可能性。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 デンマークのコペンハーゲン大学が、ニシオンデンザメの年齢に関する調査結果を公式サイトと科学誌「Science」に発表。最高齢の個体は392歳、少なく見積もっても272歳と測定され、世界最長寿の脊椎動物であることが判明した。


公式発表 コペンハーゲン大学の公式発表

 ニシオンデンザメは北大西洋全域にせい息する世界最大級の魚で、大きいものでは約5メートルにも及ぶ。それでいて全長が年間に1センチ程度しか伸びない成長の遅さから、長寿であることが推測されていた。

 研究チームは、クジラの年齢の測定に用いられる放射性炭素年代測定法を、ニシオンデンザメの眼球の水晶体に使用。体長が81〜502センチの、28尾のメスを対象に調査した結果、性的に成熟するまでに約150年かかることが判明した。また、最も大きいサンプルの年齢範囲は392(±120)歳と推定されている。

 392年前というと、日本では徳川家光が江戸幕府第3代将軍を務め、欧米では北アメリカ大陸への入植が始まったころ。長年北大西洋の頂点捕食者としての役割を果たしてきたニシオンデンザメだが、その生態系における意義は知られておらず、人間により意図せず漁獲されることもあるという。コペンハーゲン大学は研究が種の保護に役立つことを祈念している。


拿捕 捕獲されたニシオンデンザメ(画像はコペンハーゲン大学公式サイトより)


(沓澤真二)


関連キーワード

大学 | 調査 | 動物


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙