ニュース
» 2016年09月01日 16時57分 公開

迷走ぶりが早わかり ウェザーニューズが台風10号の不思議な軌跡を動画に

南方で発生後に西進し、折り返して太平洋側を通過していった、異例の進路を48秒の動画にまとめています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 8月下旬に発生し、日本列島周辺を迷走するかのように駆け抜けていった、台風10号「ライオンロック」。この不思議な軌跡を、気象情報サイトのウェザーニューズが、48秒の動画に分かりやすくまとめました。あわせて公式サイトで過去の記事をまとめ、進路について解説を加えています。


まとめ 関連ニュースのまとめ記事

 台風10号は8月19日21時、八丈島東の海上で発生。例年の台風ならば南風の流れに沿って北上するところでしたが、逆行するかのように、日本の南海上をゆっくり西進し、南西諸島付近まで到達しました。同社の8月29日付の記事では、東西の優勢な高気圧に阻まれたからと説明されています。本来、台風は熱帯から寒帯へ熱を運ぶよう動くため、日本付近で南方へ進むのは異例とのことです。


24日 24日まで、台風は南下し迷走

23日 8月29日付の記事より、南下の要因となった高気圧

 沖縄の東で迷走を続けるなか、24日には「台風の目」が出現。発達のサインを示しました。すると25日、なぜか台風は進路を東北へ切り返します。8月27日付の記事では、「モンスーントラフ」と呼ばれる大きな低気圧性循環と、南方の高気圧が要因とされています。


Uターン 25日からUターンし、北上を開始

25日 8月27日付の記事より、モンスーントラフの解説

 当初台風は北東に進むと予測されていましたが、その後本州方向へカーブするものへと変更。30日には岩手県の大船渡市付近に上陸し、21時ごろに日本海へ去っていきました。同社は西日本上空にあった「寒冷渦」の影響と分析しています。


最終進路 最終的に台風は日本海へ。11日間の軌跡を見ると、その異常さがわかる

寒冷渦 8月27日付の記事より、本州へカーブする要因となった高気圧と寒冷渦

 「台風が最初に岩手県に上陸した」初めての例であり、日本付近で生まれたものとしては最高齢と、観測史上記録的な事例となった台風10号。一難は去りましたが、ウェザーニューズは9月の台風シーズン到来を示唆し、備えをするよう呼びかけています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響