ニュース
» 2016年09月13日 20時40分 公開

やだ……徴収されたい…… 前代未聞の受信料徴収コメディ「ウチにテレビはありません」が攻めている

「受信料徴収コメディ」という謎ジャンル。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 「ミステリアス徴収コメディ」という見たことも聞いたこともないジャンル名から、一体どんな漫画を思い浮かべるでしょうか。現在Championタップ!にて連載中の「ウチにテレビはありません」というWeb漫画、「巧妙に逃れる受信料未払いの視聴者からあらゆる手段を用いて契約・徴収を行う男の物語」だそうですが、ちょっと何言ってるかよく分からないですね……。


画像 「ウチにテレビはありません」(原作:オクショウ/漫画:井上菜摘)→1話から読む

画像 暇を持て余してゲームに明け暮れるフツーの大学生、仙道マサルの前に現れたのは

画像 百戦錬磨の伝説の徴収員、長州リヒトだった……

 徴収員である長州リヒトはあらゆる手を使い、漫画の中で国民全員が払うことを義務化されている国民放送協会(みんなのほうそうきょうかい/通称:MHK)の受信料の取り立てを行います。長州リヒトをはじめ徴収員メンバーは取り立てのためならなんでもやる。得意技は「ショートコントによる取り立て」という元劇団ユニットや色仕掛けで取り立てを迫るセクシー担当、そして元アイドルで受信料を払わせるために握手会を開催する徴収員など……個性豊かな徴収員たちがあらゆる手を使い、様々な方法で受信料の取り立てを行います。


画像 受信料を払わせるために握手会を開催! 元ジャ○ーズ「海宇 翔」メンバー 

 そんな徴収員たちの中でも2年連続で徴収率ランキングぶっちぎり1位の「伝説の徴収員」として、生ける伝説と化す長州リヒト。対象者のフェイスブ○クから仕入れた情報で友人に成りすますのは朝飯前、家屋に受信妨害アンテナを設置している人に対してはクレーンを利用した大掛かりな移動(物理)で対処する。そんなんアリかよ!?


画像 徴収のためならなんでもやる! ……なんでも!?

 向かうところ敵なしと思われた長州リヒト。そんなある日、強敵・受信料「払わない四天王」の存在が明らかになります。受信料「払わない四天王」のメンバーは「払っていない歴14年の居留守の達人」や「手が離せないの達人」など。ああ〜強敵だなー……(棒読み)。思わず長州リヒトを応援する気持ち、そして「長州さんになら徴収されたい」という気になってくるから不思議。あと受信料「払わない四天王」という言葉が強すぎて勝てる気がしない。


画像 受信料「払わない四天王」というパワーワード

 原作は「リアルアカウント」のオクショウさん、作画は「阿倍のいる町」の井上菜摘さんという注目の気鋭作家による超強力タッグとなります。最新更新分の#9chではついに、後に「払わない四天王」のひとりとなる九条ナユタが登場します。強敵の「払わない四天王」相手に一体長州リヒトがどのように受信料の徴収を行うのか!? 今後の展開に注目です。


(C)オクショウ/井上菜摘(Championタップ!)2016

ちぷたそ


関連キーワード

受信料 | JPEG | コメディ | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  8. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」
  9. /nl/articles/2108/21/news049.jpg 兄「スイカ切っておいて」→「なんだこれはwww」 妹にスイカのカットを頼んだらまさかの姿に
  10. /nl/articles/2205/20/news032.jpg バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響