ニュース
» 2016年09月14日 11時35分 公開

加藤一二三が「Kato, one hundred twenty-three」 将棋連盟公式サイトで“英語”を選ぶとクレイジーイングリッシュがさく裂する

Sato Ten彦 Expert。

[コンタケ,ねとらぼ]

 日本将棋連盟公式サイトの棋士データベースで言語を英語にすると、棋士の名前や段位の表記がひどいことになると話題です。Googleの翻訳を通しているだけなのが原因ですが、英語圏の人が見てもほぼ理解不能であろうクレイジー・イングリッシュが縦横無尽にさく裂していました。Google先生もうちょっとがんばって!


一二三 !?

 特にひどいのが加藤一二三(ひふみ)九段で、「Kato, one hundred twenty-three」になってしまいます。カトウ・ワンハンドレッド・トゥエンティ・スリー。人造人間の製造番号か何かでしょうか。将棋よりも肉弾戦が強そうです。


英訳 めちゃくちゃである

 また、佐藤天彦(あまひこ)名人はSato Ten彦という訳せてない上に間違った読み方に、郷田真隆(まさたか)王将はGoda ShinTakashiと謎のミドルネーム入りみたいな名前になってしまいます。郷田=シン・隆。

 段位の訳もおかしく、

  • 9段:Kudan
  • 8段:8th Dan
  • 7段:Seven-stage
  • 6段:6th dan
  • 5段:Fifth rank
  • 4段:4-dan

 と無駄に豊富な語彙(ごい)力を見せつけてきます。語彙力いらないので統一してください。名人を「Expert」と訳しているのも間違っていませんがしっくりきませんし、竜王は「Dragon King」でとても素直に直訳してくれます。もうやだこの翻訳。

 海外の人にも将棋に興味を持ってもらいたいという思いから翻訳ボタンを付けたのだと思いますが、人名や専門用語の並ぶページではGoogle翻訳がやや暴走気味になってしまうようです。

関連キーワード

将棋・チェス | 英語 | Google | Google翻訳


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた