ニュース
» 2016年10月26日 18時55分 公開

人間と植物の部分的な細胞融合、阪大が世界初の成功 進化の謎を解く手がかりに

人類にとって有用な生物の育種に役立つとの期待も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大阪大学大学院工学研究科の研究チームが、人間と植物の部分的な細胞融合に、世界で初めて成功しました。生命の進化の謎を解く手がかりとして期待されています。



 アブラナ科シロイヌナズナ属の一年草、シロイヌナズナ由来の細胞と、人間の細胞を融合する条件・方法の検討を重ね、部分的ながら両者の融合細胞を獲得。これには人間の全染色体が維持されており、人間と同等の細胞環境と考えられています。

 その中で、植物の染色体も安定して維持されていることと、さまざまな植物の遺伝子が発現していることも判明。これは、人間の染色体を維持する仕組みが、植物の染色体にも働いているということになります。


図版 融合細胞の中で、人間・植物それぞれの染色体が形成されているという

 動植物ともに、染色体の維持や遺伝子の発現をする仕組みを保存していることが分かり、融合細胞が生命の重要かつ根本的な仕組みを示すものと同チームは考察。植物と動物は、約16億年前に共通の祖先から分岐したとされていますが、その機能がどの程度保存されているのかは不明でした。融合細胞は、その進化の謎に迫るための研究を加速させるツールとして期待されています。

 また、融合細胞は異種間で染色体を安定させる普遍的な原理を明らかにするとも考察。種の異なる染色体の導入による、有用生物の育種を加速化させるものとしても期待されています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」