ニュース
» 2016年11月10日 17時35分 公開

ヘンリー王子とドラマ「SUITS/スーツ」女優の交際、一線越えたマスコミ報道に英国王室が異例の抗議声明

ヘンリー王子の私生活について公式なコメントははじめて。

[城川まちね,ねとらぼ]

 イギリス王室は11月8日、ヘンリー王子の恋人に対するメディアの過激な報道に対し、異例ともいえる声明を出しました。

ヘンリー王子 ヘンリー王子(画像は英国王室のInstagramから)

 ヘンリー王子との交際が報じられたのは、テレビドラマ「SUITS/スーツ」などで知られる3つ年上の女優、メーガン・マークルさん。イギリス王室の出した声明文ではまず、ヘンリー王子が子どものころからみんなに温かく見守られてきたことをとても恵まれていると感謝していること、一方で私生活を侵されることを決して心地よく感じてこなかったが、うまくかわすよう努めてきたことを述べています。

 そしてマークルさんが全国紙の一面で誹謗(ひぼう)中傷されていること、SNSでは彼女に対し多くの性差別や人種差別に満ちたコメントがあふれていることに言及。メディアは彼女の家族にしつこく取材をしようとしたり、家に不法侵入してきたため警察を呼んだこともあったそう。さらに彼女の元恋人を買収して情報を得ようとしたことも明かしました。

メーガン・マークル メーガン・マークルさん(画像はメーガン・マークルさんのInstagramから)

 ヘンリー王子は「マークルさんの安全を心配し、彼女を守ってあげられないことに深く失望している」とのこと。今の状況は数カ月前から交際しはじめたばかりのマークルさんに対して不当であり、「これはゲームではなく、彼女と彼の人生なのです」と2人の私生活に尊重を求めています。

 ヘンリー王子はこのような声明が異例であることは承知の上で、メディアの過激な報道が鎮まることを願っているそう。マークルさんはヘンリー王子との交際に関し、新聞で「厚かましい」「薄っぺら」などと中傷されたり、母親がアフリカ系アメリカ人であることから人種差別的な報道をされるなどの被害に遭っていました。

ヘンリー王子の恋人への報道に対する英国王室の声明 ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子の姿を伝えるTwitterアカウントでも声明をツイート(画像は英国王室のTwitterから)

 今回の声明でイギリス王室はマークルさんを公式にヘンリー王子の「girlfriend(恋人)」と認めることになりました。マークルさんは女優の仕事のほか、世界中の子どもたちを支援する国際協力NGO「ワールド・ビジョン」の国際大使を務めるなど、人道支援活動にも積極的な女性。人気者のヘンリー王子故に起こった過激報道ですが、2人の行く末を節度を持って見守ってほしいですね。

メーガン・マークル 国際的人道支援活動も(画像はメーガン・マークルさんのInstagramから)


関連キーワード

Instagram | イギリス | 恋人 | 女優 | マスコミ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた