ニュース
» 2016年11月21日 14時00分 公開

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間

透明部分はアクリル樹脂を使っているとのこと。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 壊れた椅子を透明な素材で修復したアート作品「My Old New Chair」シリーズがなんとも異空間で面白いです。

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間 2010年に制作されたシリーズ1作目。木製部分とスケスケ部分がシームレスにつながっていてふしぎな感じ

 制作したのはブラジルのビジュアル・アーティスト、Tatiane Freitasさん。透明な部分はアクリル樹脂でできており、木製部分とのコントラストが際立っています。

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間 なんだかかっこいい

 編集部ではこのふしぎな世界観について、メールで直接Tatianeさんに聞いてみました。Tatianeさんによると、1脚作るのにかかる期間は3〜6カ月程度。制作期間は木材の状態によってかなり左右されるそうです。また、作品には「現在と過去のどちらを選択するのか?」「私たちの進むべき道は? 」「実際に経験した(あるいは想像上の)古い(新しい)記憶」といったテーマが込められているのだとか。なお、本人の公式Webサイト(英語)上にも制作意図について解説文が掲載されています。

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間 2016年制作の2作目

 また、TatianeさんがInstagram上で日本のポップアート作家・奈良美智さんのイラスト入りポストカードを投稿していたため、「お気に入りの日本の作家はいますか?」と質問してみたところ「ここ数年日本の文化にはとても注目してます。奈良さん以外だと長谷川等伯の色使いや感性が好きです。草間彌生や吉岡徳仁の自由な作風も好き」「日本人以外だとドリス・サルチェードが大好きです」と回答がありました。

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間 2016年制作のシリーズ最新作

 なお、公式Webサイト上では「My Old New Chair」以外にもベッド枠を修復した作品や、本にドアノブを合体させた作品など、独創的な作品がいくつか公開されています。

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間 ほかにも独創的な作品が

画像提供:Tatiane Freitasさん

関連キーワード

芸術 | 椅子 | ブラジル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン