ニュース
» 2016年11月28日 19時39分 公開

ファブリーズVSくさや動画にP&G「申し訳ない気持ちでいっぱい」 新たな対決動画の作成も示唆

P&Gと八丈島の議員双方に話を聞きました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 P&Gによる「真剣勝負 ファブリーズVS日本一くさい食べ物くさや」と題したCMに、くさやの名産地・八丈島の岩崎由美議員が抗議をしました。これを受けてか、Web版のCMが突如公開中止に。編集部でP&Gと岩崎議員双方に取材をしたところ、テレビCMも放映終了に向けた手続き中であることが判明しました。また、話を聞いていくと、今後「ファブリーズVSくさや」第2ラウンドが勃発する可能性も……?


 問題となっているのは、P&Gが販売する消臭剤「ファブリーズ」のCM。CMは11月14日から放映されているテレビ版と、2015年から公開されているWeb版(現在公開中止)が存在します。同CMではガラスケースの中にくさやが設置され、ケース内のにおいを嗅いだ人たちが「なにこれ!?」「くっさい!」と絶叫。そんな強烈なにおいすら撃退するファブリーズの消臭力をアピールするという趣旨でした。

 これに対し岩崎議員は「生産者はもちろん、くさやを好きな人が見たらどう感じるか、ショックで悲しむのが分からないのか」と、日刊ゲンダイの取材に対し怒りをあらわにしていました。この件についてP&Gと岩崎議員に話を聞きました。


P&G広報担当者に聞いたCMへの対応

――まず当初のCMの企画意図を教えてください

広報:日本一においがきついと言われているくさやを取り上げ、ファブリーズの強い消臭力をアピールするという趣旨でした。もちろんくさやをおとしめるという意図はありませんでした。このようなことになり、申し訳無さでいっぱいです。

――Web版のCMが公開中止となっていますが、テレビ版のCMも放映中止となるのでしょうか

広報:Web版の好評を受けてテレビ版の放映を開始しましたが、生産地の方々からたくさんお叱りの声が届き、すぐに対応できたWeb版をまずは公開中止としました。テレビ版は各種手続きに時間がかかっていますが、12月1日〜5日にかけて全テレビ局で放映終了となります。

――本件に関して、公式に発表などをする予定はありますか

広報:公式Webサイト上に簡単にではありますが、経緯と対応についての説明文を掲載させていただく予定です。また、先日東京で八丈島のくさや生産者の方々が参加する展示会があると聞き、(本社のある)神戸から謝罪に伺いました。その場で謝罪と説明をする機会を設けてもらい、現地の方々の意見を直接聞かせてもらいました。不快に思われた方全員に納得いただけている状況ではありませんが、現地の方の意見を取り入れて、今後の「ファブリーズVSくさや」に生かすことができればと考えています。

――今後「ファブリーズVSくさや」をシリーズ展開する予定があるのでしょうか

広報:具体的なことは全くの未定です。




 担当者はひたすら申し訳なさそうにしており、生産地やくさやを愛する人たちの気持ちを害してしまったことに対し謝罪の言葉を繰り返していました。ところが最後に飛び出した“「ファブリーズVSくさや」に生かすことができれば”という発言は一体!? そのまま岩崎議員にも話を聞いてみました。


岩崎由美議員にも聞いた CMについて思うこと

――CMを見て、率直にどのような感想を持ちましたか

岩崎:CMを見て、くさやが好きな人が悲しむだろうなと思いました。実際近しい人たちからそういった声を耳にしたので、P&Gの「お客様相談室」にメールで抗議しました。

――現在Web版のCMが非公開となり、テレビ版も逐次放映中止になるよう対応中とのことですが

岩崎:公開が停止されるのはしかるべき対応だと思います。見た人の気持ちを想像しないで情報発信をすることに問題を感じます。思いやる想像力を大事にしてほしいです。“臭いを消したい”という人の心理は理解できますが、くさやが臭いのは当たり前。しかしファブリーズのCMは“個性の否定”ではないかと感じました。くさやに限らず、臭いや色など、ずっと培われてきたものを安易に否定しない社会にしていくべきだと思います。

――P&G側としては可能であれば不快に感じる人が出ないような形で「ファブリーズVSくさや」CMの続編を製作したいようですが

岩崎:地元民の気持ちに配慮した新CMを作りたいという話は、P&Gの担当者から謝罪を受けた際に聞きました。それは良いことだと思います。




 岩崎議員は単に名産品を「臭い」と言われたから抗議したのではなく、「くさやが臭いのは当たり前」としつつも、CM内にあった個性を否定する演出に問題を感じたと発言。なんと続編CMの製作ついても、くさやに携わる人たちの気持ちに配慮したものであれば歓迎であるとしました。これはやはり「ファブリーズVSくさや」第2ラウンドへの期待が高まる……! しかしどのような内容にするのか、P&Gに課されたハードルはなかなか高いもの。くさやファンも納得の新CMになることを祈るばかりです。

11月29日追記

 11月28日、ファブリーズ公式Webサイト上に謝罪リリースが掲載されました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  4. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  5. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  6. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  7. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  8. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  9. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する