インタビュー
» 2016年12月12日 12時00分 UPDATE

「原作を守りつつ頭悪いことを」 “アメイジング翻案家”架神恭介が語る、「こころ オブ・ザ・デッド」への義務感 (3/3)

[宮澤諒,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

架神恭介と行く、夏目漱石ゆかりの地

 ここからは、架神さんと行った夏目漱石ゆかりの地散策の様子をお届けする。最初に訪れたのは東西線早稲田駅近くにある「夏目漱石誕生之地碑」。

 読んで字の如く、漱石誕生の地を記念して建てられたものだが、やよい軒の店先にひっそりとそびえており、ちょっと寂しげだ。

「夏目漱石誕生之地碑」と架神恭介 見上げると立派に見えるが

夏目漱石誕生之地碑 実際はこんな感じ。メニューの方が目立つ

 続いて、そこから南へ伸びる「夏目坂」へ。漱石の著書「硝子戸の中」によると、この辺りの名主だった漱石の父・夏目小兵衛直克が自らの姓を名付けたものだそう。最初は定着しなかったが、後に地図に載るようになった。現在は漱石の功績を称えて新宿区が標識や記念碑などを建てており、どちらかというと夏目漱石の坂となっている。

 架神さんは早稲田大学時代にクラスコンパで一度だけこの辺りを歩いたそうで、「いやあ、運命を感じますね」とのこと。

「夏目坂」と架神恭介 見切れているが、左側には「酒菜そうせき」なる居酒屋が営業している

 続いて訪れたのは、そこから徒歩10分ほどのところにある「漱石公園」。ここは漱石が亡くなるまでの10年間を過ごし、芥川龍之介や寺田寅彦らが訪れ、かの有名な「木曜会」も開かれた「漱石山房」があった場所で、現在は漱石にとって初の本格的な記念施設となる「漱石山房記念館」が建設中(2017年9月開館予定)。ここには漱石の胸像と猫塚、そして道草庵と名付けられた小さな資料館がある(2019年3月には工事のため全面休園となる)。「キレイな場所ですねえ、運命を感じます」と架神さん。

夏目漱石の胸像 なぜか胸像と見つめ合う架神さん

架神恭介 道草庵の中に置かれていたノートに記念に一筆

架神恭介 なにかを描く架神さん

架神恭介 直筆 ネームの成果がここにも

漱石山房記念館の模型 漱石山房記念館の100分の1スケールの模型。地下1階、地上2階建てで、建物内には漱石山房も再現されるとのこと

道草庵 初版本のレプリカや年表などの資料が展示されており、スタッフの方が丁寧に説明してくれた

猫塚 「我輩は猫である」の猫の墓ではなく、漱石の没後ご遺族が家で飼っていた動物たちを供養するために建てた墓。ちなみにこれは復元されたもの

 そして、架神さんにとって十数年ぶりとなる早稲田大学へ。漱石が前身となった東京専門学校で英語の講師を務めていたことがあり、そのためここもゆかりの地となっている。架神さん、敷地内を見回し「キャンパスがキレイになっててむかつきますね。ハイソ面しやがって」とぼそり。

架神恭介 早稲田大学にて

 陽が傾き始めたこともあり、最終目的地の雑司ヶ谷霊園へ。ここには漱石の他に、永井荷風や小泉八雲、竹久夢二ら名だたる作家たちの墓がある。ご遺族への許可申請が間に合わず、残念ながら漱石の墓は撮影できなかったが、架神さんと大藤編集は墓石を見て念仏をつぶやきながら、「まるで異世界の扉みたい」「なにかここから出てきそう」と漏らしていた。その言葉通り、巨大な扉めいた形をしていた。

架神恭介 雑司ヶ谷霊園にて 霊園内を散策する架神さん。漱石の墓はそのうち作品にも登場しそうな気がする

関連キーワード

早稲田大学 | 漫画 | ゾンビ | 青空文庫


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.