ニュース
» 2016年12月13日 12時42分 公開

埼玉県にキングスライムとスライムがあらわれた! ドラクエのわらアートが巨大&高クオリティー

スライムも2メートル超え。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 埼玉県行田市にある「古代蓮の里」に、ドラゴンクエストに登場する「キングスライム」と「スライム」が出現し、人々を驚かせています。

わらアート2016 めちゃくちゃデカイ!

 実はこれは、わらで作られた「わらアート」。夏に話題となった“初代ドラクエ”をテーマに制作した「田んぼアート」(関連記事)の稲を刈り取ったわらで作られています。その大きさはキングスライムで高さ9.3メートル・幅8.8メートル、隣のスライムも高さ2メートル・幅2.1メートルという大きさ。でかすぎ。

田んぼアート2016 これが刈り取られて今回の「わらアート」に

 なぜ、このような巨大なわらアートを製作するに至ったのか、市の担当者に聞いてみました。

―― どういうきっかけで、いつ頃からやりだしたのでしょうか

 わらアートは市政施行65年目を記念した事業として、田んぼアート後のわらの利用としてはじめました。今年度のスライム・キングスライムで3年目・3回目です。ちなみに、行田市の田んぼアートは2015年にはギネス認定されており、今回のドラクエで9回目となります。

―― 今年で3回目とのことですが、恒例行事なのでしょうか

 はい。わらアート、田んぼアートとも恒例行事になりました。

―― わらアートに使用したわらは、その後どうなるのでしょう

 開催後は公園内の敷わらなどに使います。

 記念事業がわらアート制作の発端だったんですね。今回の制作について聞いたところ、キングスライムは、木で骨組みを組み、竹と塩ビパイプでへこみづらくなるようフレームを作り、わらを取り付けているのだそう。なんと使われたわらは1トン! あまりに巨大なため、本体と王冠は別々に作り、王冠の部分はクレーンで吊って合体させたといいます。

 また、スライムは3体制作され、キングスライムと同様に木で骨組みを組み竹でフレームを組んでいるのだそう。わらは1体につき100kgを使用。夜はライトアップしており、スライム(青)、スライムベス(オレンジ)、メタルスライム(ホワイト)を表現しているそうです。

わらアート2016 ライトアップされたスライムベスとキングスライム

わらアート2016 荘厳

 ちなみに、わらアート元年・市政65周年にあたる2014年の田んぼアートのテーマは「古(いにしえ)の行田」。わらアートは、古代の生物ということで「マンモス」と、田んぼアートの図柄でもある行田市で出土した「旗の付いた馬形埴輪(はにわ)」を制作。テーマの連動性は当初から意識しているそうです。

田んぼアート2014 絵巻みたいでステキ

わらアート2014 馬方埴輪
わらアート2014 マンモス


 翌2015年の田んぼアートのテーマは、「未来へつなぐ古(いにしえ)の軌跡」。わらアートは、古代の生物「ステゴザウルス」と市内の公園に設置されている「蒸気機関車」を原寸大のスケールで制作しています。

田んぼアート2015 過去と未来の融合

わらアート2015 わらですよ

 今回注目のスライムとキングスライムのわらアートは、「古代蓮の里」の公園に設置されており、2017年3月26日までの期間中無休・無料で見ることができます。また、「キングスライム」は日中、懐にある入口から中に入って内側を見ることができ、観覧者に好評とのこと。興味ある方は、圧巻のスライム・キングスライムを見に行ってはいかがでしょう。

わらアート2016 めちゃくちゃデカイ!

 なお、古代蓮会館は別途有料(大人400円、子供200円)。休館日は不定休ですが「古代蓮の里のサイト」にて確認できます(わらアートは2017年3月26日までの期間中無料)。

古代蓮の里

開館時間: 9時 〜 21時30分(※ライトアップは 17時〜21時分)

所在地: 〒361-0024 埼玉県行田市小針2375番地1

休館日:不定休( サイトで確認可)

画像提供:行田市商工観光課

関連キーワード

芸術 | スライム | ドラゴンクエスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」