ニュース
» 2016年12月16日 17時50分 公開

国民生活センターが「水素水」を調査 水素が表記より少ない例や、まったく入っていない製品が明るみに

事業者対象のアンケートでは、「期待できる効果は『水分補給』」との回答が最多に。

[沓澤真二ねとらぼ]

 国民生活センターが、水素水およびその生成器の調査を実施した。水素がパッケージの表記よりも少ない、あるいはまったく入っていないといった結果が明かされている(以下、同センターの資料より引用)。


公式発表 公式発表

 「開封時に水素が抜けているのでは」「生成器で本当に水素水が作れるのか」といった相談が、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)へ2011年度以来2260件も寄せられているという。これを受けて同センターは、大手の量販店や通販サイトなどで「売れている」とされる容器入り水素水10銘柄、生成器9銘柄を対象に試験を行った。


相談件数 年々増加している、水素水関連の相談件数

水素水 対象となった容器入り水素水。アルミパウチ、アルミボトル、ペットボトルと、容器の異なる10銘柄を調査

生成器 生成器は形態の異なる9銘柄を調査

 容器入り水素水10銘柄中7銘柄には、「高濃度」「水素たっぷり」など水素濃度の高さをうたう表記や、濃度の数値を表記。しかし開封時の濃度を調査した結果、表記通りに水素が検出されたものは3銘柄のみ。パッケージに濃度表記のない3銘柄のうち、ペットボトル入りの2銘柄からは、まったく水素が検出されなかったという。


水素濃度調査 2種類の方式で水素濃度を測定。製品の表記(色つきの帯)の範囲内に、検出濃度(◇と□)が完全に収まる製品は3銘柄のみ

 開封時に水素が検出された8銘柄を未開封のまま20度で1カ月保管し、あらためて調査したところ、全銘柄で濃度がやや低下したとの結果も。開封後にフタを閉めて放置した場合、濃度が5時間後には30〜60%、24時間後には10%程度に低下することも判明した。


濃度変化 1カ月間の保管による水素濃度の変化

濃度変化 開封後の水素濃度の変化。24時間が経過すると、水素はほぼ失われる。アルミパウチ容器の6銘柄の場合、空気を抜いてフタを閉めれば水素の減少は抑えられている

 生成器の試験では、各銘柄のマニュアルに従って水素水を3回生成し水素濃度を調査。濃度表示のあった5銘柄のうち3銘柄は、濃度が表記を下回る結果となった。また、生成器から水をコップに移し、約20度の室温で放置すると、1時間後には濃度が元の50〜60%程度に低下した。


生成器調査 生成器で作った水素水も、同様に2種類の方式で測定。表示通りに水素を生成できる製品はわずかといえる。なお、蛇口に直結して水道水を連続で流しつつ生成するタイプでは、およそ目安通りの数値が出ている

経時変化 生成器で作った水素水も、生成直後から1時間で水素がほぼ半減する

 同センターは販売元のサイトも調査し、水素や水素水に期待されている効能・効果に関する記載を多くの銘柄で確認。なかには「さまざまな病気の原因といわれる悪玉活性酸素を無害化」「アトピーに 痒い部分に水素水をつけてください」など、健康保持増進効果と受け取れるものもあり、医薬品医療機器等法や健康増進法に抵触するおそれありと指摘している。

 販売事業者を対象にしたアンケートも実施し、水素水の製法などを確認した。引用時の注意点については、開封後や生成後はすみやかに飲むとの回答が多数。飲用により期待できる効果としては、「ダイエット」「疲労回復」「美容」を挙げる事業者もあったが、「水分補給」とする回答が最多となっている。


アンケート 水素水に期待できる効果に関する回答の集計。具体的な効果を挙げるものは少なく、当然といえば当然である「水分補給」との回答が最多に

 国民生活センターは総括として、水素水には公的な定義がなく、特定保健用食品や機能性表示食品として許可・届出された製品もないことを強調。消費者にはパッケージ表記通りの水素が得られないケースや、時間経過により水素が抜けることを挙げアドバイスとした。事業者に対しては、水素濃度の表記や違法のおそれのある広告について、改善を求めている。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」