ニュース
» 2017年01月30日 16時04分 公開

iPhoneの「AirDrop」に悪用されるおそれ 「電車内で見ず知らずの女性の名前を知れる」との指摘に注目集まる

iPhoneユーザーは端末名設定時に本名などを登録しないよう気をつけましょう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」と題された、はてな匿名ダイアリーの投稿が注目を集めています。タイトルこそキャッチーな裏技のようですが、iOSの「AirDrop」機能が悪用される可能性を指摘し、注意を喚起する内容です。


はてな 話題となった投稿。はてなブックマークで500近くブックマークされている

AirDrop Apple公式のAirDrop紹介ページ

 AirDropは、Wi-FiかBluetooth経由でiOS端末同士を接続し、閲覧中のWebページや画像を共有できる機能。共有ボタンを押すと、同機能を利用しているユーザーが端末に登録した名前が、相手先として表示されます。


AirDropAirDrop AirDropを使うと、相手先にも送信元と同じアプリで共有した画像やページが表示される

 当該記事は、公共の場で共有ボタンを押したとき、相手先に「○○のiPhone」と知らない人の名前がフルネームで出てくることがあると指摘。もしiPhoneの初期設定時に本名を登録していた場合、AirDropを通じて第三者に知られる危険性を示唆しています。

 本名をさらしながら端末を使うのは気分のよいものではありませんし、本名を登録していなくとも、知らない人から不愉快なサイトのURLや画像が送られてくる可能性があります。これを防ぐにはAirDropを常時接続しないようにするか、「連絡先」に登録したユーザーのみと接続するよう、設定を変更するとよいでしょう。画面下部から上へフリックすると表示されるコントロールセンターで「AirDrop」をタップし、「受信しない」か「連絡先のみ」を選べばOKです。


接続設定接続設定 そもそも接続さえしなければ、第三者に端末名を見られることはない

 もし初期設定時に本名を登録してしまった場合も、「設定」アプリで「一般」「情報」「名前」の順に選択すれば、あとから変更できます。不安を感じたかたは、一度設定を見直してみましょう。


端末設定端末設定端末設定 設定を見直して、プライバシー情報を含まない名前へ変更を


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた