ニュース
» 2017年03月21日 14時25分 公開

LGBTQ+関連の動画がYouTubeの制限モード下では再生されない―― 指摘受け運営が謝罪

YouTubeは「LGBTQ+関連の動画は制限モードでも再生できるが、一部のデリケートな問題を扱うものはそうでないかもしれない」と認めている。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「LGBTQ+(※)を取り扱った動画が、YouTubeの制限モード下で再生できない」との指摘を受け、YouTubeがTwitterのクリエイターズアカウントで謝罪を表明した。

※性的志向や性別認識におけるマイノリティーの総称。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(性別を乗り越える人を意味し、性転換者や異性装者など多様なアイデンティティーを含む)、クエッショニング(自身の性的志向や性別認識に迷いや悩みを持つ人)の頭文字からとられている。「+」は支援者や無性愛者といった、「LGBTQ」だけで表現しきれない、さらなる多様性を意味する


謝罪文 YouTubeの謝罪文(公式Twitterより)

 YouTubeには制限付きモードが搭載されており、オンにすることで不適切な可能性のある動画を非表示にできる。本来は子どもにとって有害なコンテンツに制限をかけるといった意図の機能だが、LGBTQ+問題を取り扱っているYouTuberから、本来仕分けられるべきでない、その関連動画まで制限の対象になっていると指摘されていた。


制限モード ヘルプページより、制限モードの説明。デフォルトではオフになっている

LGBTQ+問題を議論するYouTuber、Rowan Ellisさんによる指摘

 これを受けてYouTubeは「当社のプラットフォーム上でLGBTQ+が議論されるのは誇りに思っており、それらはYouTubeが大切にしていることの一部である」と説明。制限モードの仕様については、「LGBTQ+関連の動画は制限モード下でも再生できるが、一部のデリケートな問題を扱うものはそうでないかもしれない」と非を認めた。そして「混乱を招いたことを後悔し、懸念される事象について検討している」と、仕様の修正を示唆している。


(沓澤真二)


関連キーワード

LGBT | YouTube | 謝罪 | 同性愛 | 性同一性障害


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10