ニュース
» 2017年03月25日 14時55分 公開

映画「ワンダーウーマン」の日本の宣伝がTwitterで酷評 女性戦士を「男も恋も知らない天然キャラ」とうたう

「下品すぎる」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判を集めています。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 “[最強のスーパーヒーロー]のハズが、実は世間知らずでオトコも恋も知らない天然系女子だった…?”

 3月23日に映画「ワンダーウーマン」の日本版予告映像が初めて解禁されましたが、この日本用の宣伝文句に「下品すぎる」「酷過ぎます」とTwitterで批判の声が集まっています。翌日に反対意見のツイートをまとめて“映画『ワンダーウーマン』の宣伝は「下品」か?”というTwitterモーメントが作成されたほどです。

ワンダーウーマン 日本 宣伝 批判 「ワンダーウーマン」(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

 「ワンダーウーマン」は、DCコミックスの同タイトルのアメコミ作品を実写化した映画。女だけの一族「アマゾン族」の王女・ダイアナは無敵の戦士になるよう訓練された結果、史上最強の力を備えた美女・ワンダーウーマンとなります。ある日、一族の島に不時着した米兵から外界で大規模な紛争が起こっていることを知り、自分の力で全ての戦争を終わらせるため故郷を離れる、という物語です。米国では6月、日本では8月25日に公開。

 日本向けの宣伝ではワンダーウーマンのキャラを“最強のスーパーヒーロー”としてだけではなく、“女だけの世界で育ったために世間知らずな天然キャラ”としても紹介。日本版公式サイトでは、「一方、女だけの島で育った事から男も恋も知らない程世間知らずな彼女は、注意されてもついつい剣と盾を持って街を歩いてしまい、『あなた変わってるのね!?』と驚かせる[生真面目な天然系]という予想外のカワイイギャップを披露」と説明しています。

ワンダーウーマン 日本 宣伝 批判 ワーナー・ブラザース・ジャパンの宣伝ツイートも炎上することに

 また日本で配給を務めるワーナー・ブラザース・ジャパンのTwitterアカウント(@warnerjp)は予告映像を紹介する際、「[最強のスーパーヒーロー]のハズが、実は世間知らずでオトコも恋も知らない天然系女子だった…?」と一文を加えながらツイート。また予告映像は「女だけの島で育ち 男も知らず 恋も知らない 史上最強のスーパーヒーローは女だった」という日本語のナレーションが流れるものでした。

解禁された日本版予告映像
3月11日に公開された海外の予告映像。アマゾン族でワンダーウーマンが生まれた経緯、紛争を止めに外界へ旅発つ姿が淡々と描かれる

 こうした米国版にはなかった日本の宣伝文句に、Twitterでは批判が湧き上がります。

 1つは、女性戦士が異性、恋愛を知らなくてはいけないような性差別的ニュアンスを含んでいる点。「女性戦士に『ヒーローのはずが…』『オトコを知らない』等と言うのは下品すぎる」「女性やLGBTの権利問題に敏感な現代でこの謳い文句とは随分と挑戦的ですね…」と非難の声が相次ぎ、アマゾン族の気高き女性戦士、王女というイメージをなぜこのようにおとしめてしまうのかと反感を買っているようです。

 もう1つは、ワンダーウーマンが異性愛者(ヘテロセクシャル)というステレオタイプにはめられている点。女性だけしかいない島でも(同性間で)恋が芽生える可能性は十分ありえる上に、昨年DCコミックスの作者であるグレッグ・ルカ氏はワンダーウーマンがバイセクシャルであることを認めていました(AFP通信より)。にもかかわらず「女だけの島で育ったことから恋を知らない」と表現されていることに、「ジェンダーバイアスを打ち破るため創作された彼女が、いくら日本でマイナーだからといって、こうしてステレオタイプのヒロイン像で宣伝されてしまうのは残念」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判が集まっています。

 海外映画が日本ではイメージを変えて宣伝されることは、映画ファンの間で度々議論の的となってきました。2014年公開「ベイマックス(原題:BIG HERO 6)」も元はアクションヒーロー映画の色が強い作品ですが、日本では感動系のハートウォーミングストーリーとして打ち出された結果、公開後「予告と本編が違う」と物議を醸すことに。

 配給や宣伝会社がより多くのライト層に足を運んでもらうために行っているとはいえ、あまりに原作のイメージが改変されることにファンの間では不信感が募っています。こうした背景も今回の「ワンダーウーマン」の宣伝への批判が起きる土壌になっているようです。

 昨年公開の「君の名は。」「この世界の片隅に」の大ヒットは、SNSにおけるコアなファンの継続的な情報発信が火付け役になったとされています。作品の内容ではなくあくまで宣伝手法が酷評されている「ワンダーウーマン」ですが、Twitterでファンたちからあたたかい支援を受けながら8月に公開を迎えられるのでしょうか。宣伝側の今後の対応に注目が集まります。

初掲載時11月3日公開としていましたが正しくは8月25日でした。お詫びして訂正します。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10