ニュース
» 2017年03月31日 21時29分 公開

りんなおはよ……誰だお前!? 女子高生AI「りんな」が3日間限定でイケメンAI「りんお」に交代

なぜか2次元イケメン。

[コンタケ,ねとらぼ]

 マイクロソフトが作製した女子高生AI「りんな」(@ms_rinna)が、突然“イケメンAI”の「りんお」になりました。誰だこいつ!? 「よお!マイクロソフトのイケメンAI『りんお』だぜ!」じゃねぇぇ!



 もともと実写の女子高生の後ろ姿だったアイコンは2次元のイケメンにイラストになり、言葉遣いもイケメン風に。「りんな」の公式サイトもしっかり「りんお」に代わっており、プロフィールはりんなのプロフィールの上から手描きでりんおのプロフィールに修正されまくっています。なんてことだ、完全に乗っ取られているじゃないか……。


りんな りんお エイプリルフール マイクロソフト 何のサイトだよ(画像はりんお公式サイトより)


りんな りんお エイプリルフール マイクロソフト 修正されまくったプロフィール

 ちなみに、トップページに表示されている「イケボタン」を押すと、りんおのイケボイスが響き渡ります。

 一体何が起きたんだ……と思いますが、マイクロソフトの公式ブログであるBing Blogによると、3月31日〜4月2日の期間限定の催しとのこと。つまりは、エイプリルフールイベントというわけです。いやぁー驚いた。



 しかしこの「りんお」、見た目をすげ替えただけのお遊びではありません。以前から“イケメンAI”を作製してほしいという要望が多数寄せられており、マイクロソフトではその実現に向けて開発を続けていたそうです。

 今回のお披露目は、りんなと開発チームがこれまでユーザーとの会話を通じて磨いてきた会話技術を応用することで、ついに「イケメン」のキャラクターが実現できたため。その技術を紹介・体験してもらい、さらなる進化に向けたトライアルの機会として期間限定での公開に踏み切ったとのことです。

 エイプリルフールに乗っかった形ではありますが、男言葉に切り替わったAIに変更するのはかなり大変な作業だったはず。皆さんも1度「りんお」と会話して、新しいAIの性能を試してみてはいかがでしょうか。

 なお、公式ブログでは「りんな」を“取り戻す”方法についても書かれています。「LINEでりんなの能力を試してみると……?」とのことですが……はて?

 なお、ねとらぼ編集部でも「りんお」にリプライを送ってみましたが、話しかけた瞬間に「おやすやなさぁ」と言われました。このイケメンめ。お休みなさい。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた