ニュース
» 2017年04月08日 10時30分 公開

参加者は全員黄色い通学帽を着用のこと。「自称6歳以下」しか参加できないボードゲームイベントに行ってきた

6歳以下だから大人げなくゲームするもんね!

[朝井麻由美,ねとらぼ]

 先日、自称6歳以下しか参加できないゲーム会へ行ってきた。私は年齢でいえばアラサーと呼ばれる枠に入るが、「自称6歳以下」と言い張れば参加できるのだという。当日、イベント会場には約20人もの「大きな6歳以下」たちが集まっていた。

 主催しているのは、高円寺にあるボードゲーム店の「すごろくや」。お店のイベントスペースで、6歳以下でも遊べる簡単なボードゲームやカードゲームを楽しもうというのがこの「自称6歳以下ゲーム会」なのだ。「自称6歳以下の18歳以上」の人々を対象に、現在月1回のペースで開催している。

 ちなみに、ボードゲームの世界では、6歳以下でも遊べるゲームを「キッズゲーム」と呼ぶらしい。「6歳以下といっても、実は大人がやっても面白いんです」と、本日のイベントを取り仕切る「すごろくや」の宮本誠さんは言う。みんな6歳以下のため、難しい漢字や英語は読むことはできない。受付で配られた名札に書いていいのは「ひらがな」か「カタカナ」のみ。宮本誠さんも「まこと」と書かれた名札をつけている。6歳児(自称)たちに向けてゲームの遊び方の説明をする宮本さんの姿は、さながら幼稚園の先生のようだった(宮本誠さんは以下、「まこと先生」と表記)。


すごろくや 名札は平仮名か片仮名で書く

 ゲーム会が開始するまでどことなくよそよそしい雰囲気で同じテーブルの面々にあいさつをする。自称6歳以下のわりには、妙に落ち着いていて、騒ぐ子も泣く子もいない。


すごろくや よそよそしい

 なお、このゲーム会では、全員が黄色い通学帽をかぶってゲームをすることが義務付けられている。配られた帽子をかぶると6歳児としての自覚が芽生え始めるのか、参加者が自然と笑顔になっていったのが印象的だった。


すごろくや だんだん馴染んできた6歳児たち


すごろくや ゲーム「ドブル」に夢中な6歳児たち
※「ドブル」:全員が1枚ずつカードを持つ。人のカードをのぞいて一致する絵柄を見つけたらカードを奪える。最も多くのカードを手に入れた人が優勝(ほかにもさまざまなアレンジルールあり)


すごろくや ゲーム「そっとおやすみ」に負けて悔しがる6歳児。 ※「そっとおやすみ」:手札を5枚ずつ配り、手札から1枚ずついらないカードを隣の人に回していく。同じカードが4枚揃ったら「そ知らぬ顔で」でそっとカードを伏せる。誰かひとりが伏せたら全員が「ニヤニヤしながら、そ知らぬ顔で」伏せる。伏せるのが一番遅かった人の負け


すごろくや ゲーム「そっとおやすみ」で盛り上がる6歳児たち

 「ドブル」「キャプテン・リノ」「そっとおやすみ」といったゲームをやる中で、「りかちゃん大人げなーい!」「大人げなくやるもーん! 6歳以下だもーん!」といった声が飛び交う。このゲーム会では、ひとつのゲームに勝つたびに、まこと先生から飴やチョコなどのお菓子をもらえるのだ。どこのテーブルでも、6歳児たちが自分のキャンディ袋を握りしめながら、ときに汚く、ときにずる賢く、奮闘していた。


すごろくや キャンディをもらうために真剣に「キャプション・リノ」をやった筆者。 ※「キャプテン・リノ」:カードを折り曲げて、手札の屋根カードを積み重ね、高いビルを築いていく。手札がなくなれば勝ち。ビルを積み上げる際に失敗して崩したら負け


すごろくや キャンディを配りに来たまこと先生


すごろくや キャンディをもらって喜ぶ6歳児たち

 ちなみに、手に入れたキャンディーは最後に集計し、トップの人を表彰するのだが、食べたくなったらゲーム中に食べてもOK。ただし、食べてしまった分は集計の際にカウントしてもらえない。

「もらったキャンディーは食べてもいいでーす。我慢できない子もいるよねー?」

と、まこと先生は言う。私も我慢できずに、1つだけ食べてしまった。6歳児にキャンディー食べるのを我慢しろというほうがムチャである。


すごろくや ゲームに勝って手に入れたキャンディー

 最終的に私がもらったキャンディーは8個。ただし、途中で1つ食べてしまったため、集計の際には7個としてカウントされた。優勝したひろろんさんは12個。2位のヨシエさんは11個。みんなで「すごーい!」とたたえ、終始和やかな雰囲気でつかの間の6歳児ライフを楽しんだのだった。「大人げなく」と言いながらも、負けてわんわん泣く子もいなければ、怒り出す子もいないのは、やはり“自称”なだけある。


すごろくや みんなで「すごーい!」と表彰されたフレンズをたたえた


画像 この日やったゲームは「リフルート」「すすめコブタくん」「わたしはだあれ?」「そっとおやすみ」「ドブル」「キャプテン・リノ」

 この「自称6歳以下ゲーム会」は次回4月29日で第6回目を迎える。ちなみに、このイベントで黄色い通学帽をかぶるようになったのは第2回目から。第1回目ではテーブルによって盛り上がりに差があったのだが、黄色い帽子を導入して以来、どのテーブルも盛り上がるようになったのだという。「やはり没入感があるのでしょうね。黄色い帽子をかぶって6歳以下になりきることで、前のめりにゲームを楽しむことができるのだと思います」とまこと先生。

 我こそは自称6歳以下だという人は、ぜひ参加して大人げなくゲームをしてきてほしい。黄色い帽子をかぶった大人たちが一堂に会し、我を忘れてゲームをする様子も一見の価値ありである。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)。雑誌やWebでコラム連載多数。近著に『「ぼっち」の歩き方』(PHP研究所)、『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。一人行動が好きすぎて、一人でBBQをしたり、一人でスイカ割りをしたりしている。


関連キーワード

双六 | ボードゲーム | 幼稚園


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる