ニュース
» 2017年04月23日 21時00分 公開

これが本当の「肌色」 世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットがステキ

みんな違ってみんな良い。

[Kikka,ねとらぼ]

 東京の画材店がツイートした、世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットが注目を集めています。これぞ本当の「肌色」色鉛筆。


本当の肌色色鉛筆 話題になっている「本当の肌色」色鉛筆(画像提供:田中金華堂さん)

 話題の商品は、イタリアの文具メーカー・FILA(フィラ)が販売している「GIOTTO」色鉛筆の肌色シリーズ。ツイートを行った御徒町の田中金華堂によると、この色鉛筆は世界各国の子供たちの肌の色を集めた「本当の肌色」色鉛筆セットとのことで、「とてもステキ」「素晴らしい商品!」とのリプライが寄せられている他、購入を検討する人も現れています。


本当の肌色色鉛筆 イタリアの文具メーカー・FILA(画像は公式サイトより)

 お店によると、最近は「肌色」という名称で色鉛筆を販売しているメーカーが減ってきているとのこと。

 これは一言に「肌色」といっても人種や個人差によってさまざまな肌の色がある、という配慮からといわれており、神戸新聞などが2000年ごろから、三菱鉛筆、サクラクレパス、トンボ鉛筆、ぺんてるなどの大手文具メーカーがこれまで肌色と呼んでいた色を「うすだいだい」や「ペールオレンジ」と呼び変えていると報じていました。

 実際にサクラクレパスでは「うすだいだい」、ぺんてるでは「ペールオレンジ」と各社が公式サイトで色味を紹介しており、ネット上ではたびたび「肌色がなくなった」と話題になっていました。


本当の肌色色鉛筆 ぺんてるが公開している色見本。ペールオレンジの枠は編集部による加工(画像提供:ぺんてる公式サイトより)


 問い合わせたところ金華堂の店頭の在庫は品切れ中ですが、4月25日以降からは店舗のネットショップでも取り扱い予定とのこと。順次Twitterなどで告知していくそうです。

(Kikka)

関連キーワード

Twitter | 子供 | 文具 | イタリア | ネットショップ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」