ニュース
» 2017年04月23日 21時00分 公開

これが本当の「肌色」 世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットがステキ

みんな違ってみんな良い。

[Kikka,ねとらぼ]

 東京の画材店がツイートした、世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットが注目を集めています。これぞ本当の「肌色」色鉛筆。


本当の肌色色鉛筆 話題になっている「本当の肌色」色鉛筆(画像提供:田中金華堂さん)

 話題の商品は、イタリアの文具メーカー・FILA(フィラ)が販売している「GIOTTO」色鉛筆の肌色シリーズ。ツイートを行った御徒町の田中金華堂によると、この色鉛筆は世界各国の子供たちの肌の色を集めた「本当の肌色」色鉛筆セットとのことで、「とてもステキ」「素晴らしい商品!」とのリプライが寄せられている他、購入を検討する人も現れています。


本当の肌色色鉛筆 イタリアの文具メーカー・FILA(画像は公式サイトより)

 お店によると、最近は「肌色」という名称で色鉛筆を販売しているメーカーが減ってきているとのこと。

 これは一言に「肌色」といっても人種や個人差によってさまざまな肌の色がある、という配慮からといわれており、神戸新聞などが2000年ごろから、三菱鉛筆、サクラクレパス、トンボ鉛筆、ぺんてるなどの大手文具メーカーがこれまで肌色と呼んでいた色を「うすだいだい」や「ペールオレンジ」と呼び変えていると報じていました。

 実際にサクラクレパスでは「うすだいだい」、ぺんてるでは「ペールオレンジ」と各社が公式サイトで色味を紹介しており、ネット上ではたびたび「肌色がなくなった」と話題になっていました。


本当の肌色色鉛筆 ぺんてるが公開している色見本。ペールオレンジの枠は編集部による加工(画像提供:ぺんてる公式サイトより)


 問い合わせたところ金華堂の店頭の在庫は品切れ中ですが、4月25日以降からは店舗のネットショップでも取り扱い予定とのこと。順次Twitterなどで告知していくそうです。

(Kikka)

関連キーワード

Twitter | 子供 | 文具 | イタリア | ネットショップ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる