やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)(4/5 ページ)

» 2017年04月27日 14時18分 公開
[やしろあずきねとらぼ]

ネカマの見分け方、ネカマの確率が高い人ってどんな人?


やしろあずきの調査

「さて、ようやく本題といいますか、ここまでネカマの怖さについて学んできた皆が一番聞きたいことだと思うんだよね。ネカマの見分け方について」



やしろあずきの調査

「なるほど」



やしろあずきの調査

「長年ネカマとして数多くの童貞を葬ってきたCeciliaさんなら、同族を見分ける技の1つや2つ知ってて当たり前でしょ? もうこれ以上悲しい被害者を増やさないためにもぜひご教授願いたく」



やしろあずきの調査

「OKです。ただ先に言っておくと、完全にプロのネカマはまず会話するだけでは見破れません。不可能です」



やしろあずきの調査

「ええーーーーーー!?」



やしろあずきの調査

「極めたネカマっていうのは本当に女性そのものなんですよね。もう完全に『自分は女性』だと思ってプレイしている……ネット上で女性をして生きてきた時間が長すぎて、ネット上だともう本物の女性の感じ方、考え方ができるようになっちゃってるんですよ。そういうネカマを見破るのは同業者でも無理です」



やしろあずきの調査

「しかもプロ中のプロは設定も限界までこだわるので、生理の周期まで設定してちゃんとその時期に体調が悪くなるフリをするネカマだっていました」



やしろあずきの調査

「それは普通にめっちゃ気持ち悪い」



やしろあずきの調査

「……まあとにもかくにも、そのレベルのプロに狙われたら諦めるしかないと思ってください。雪山で両足を骨折した状態で空腹のヒグマに出会ったようなモノです」



やしろあずきの調査

喰われるしかない



やしろあずきの調査

「まあ、ですがプロレベルではない……ちょっとウマイから悪のネカマに手を出してみたレベルの奴らならある程度見分けられますし、その方法などはあるので今回はそれを教えていければと。実際、そういうレベルの擬態が弱いネカマが大半を占めているネトゲも多いので、役に立たないことはないと思いますよ!」



やしろあずきの調査

「おお! よし! これからの安心安全なネトゲライフのためにぜひ!」



やしろあずきの調査

「まず『こいつはネカマの可能性が高いな〜』って思ってしまうキャラの特徴3つから!」



やしろあずきの調査

「はい!」



やしろあずきの調査

無駄にかわいこぶる人変にかわいい顔文字や絵文字を多用する人私女だよアピールが過度にある人……はい、復唱!」



やしろあずきの調査

「無駄にかわいこぶる人、変にかわいい顔文字や絵文字を多用する人、私女だよアピールが過度にある人」



やしろあずきの調査

「はい、この3つに当てはまる女性キャラクターは高確率でネカマか、ネカマじゃなくてもクソ痛い女です



やしろあずきの調査

「ぶった斬ってきた」



やしろあずきの調査

「まず『無駄にかわいこぶる人』、まあチャットの話ですが『ふわぁ』『はわわ』とかわけ分からん言語をやたらと連発したり、語尾に『にゃん』とか『ぷぅ』とか意図的につけて会話してる人とか」



やしろあずきの調査

「……いたなぁ……」



やしろあずきの調査

「あとは話しかけたら『ほえ?』とか返してくる人



やしろあずきの調査

いたいたいたいたいた!!!!!!!!



やしろあずきの調査

「こういう人はちょっと媚びすぎてるというか、かわいいアピールが過ぎるのでまずネカマか疑いますね。というかネカマじゃなくても明らかに痛々しい人じゃないですか……」



やしろあずきの調査

「いや、まあネカマじゃなかったら許してやってよ……中学生ぐらいのときって皆そんな感じなんだよ……」



やしろあずきの調査

やしろさんが言うと抜群に説得力ありますね



やしろあずきの調査

「うるさい」



やしろあずきの調査

「次に『変にかわいい顔文字や絵文字を多用する人』ですけど、会話の中にもう意味分からんほど絵文字顔文字を詰め込んできてお前のチャットは絵日記か、みたいになってる人いませんでした?」



やしろあずきの調査

「いた」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「こういうタイプもネカマの確率が高いです。自分をかわいく見せようとし過ぎてる



やしろあずきの調査

「うーんなるほど……」



やしろあずきの調査

「あと、名前の前後にかわいい記号名前の最後に『姫』とつけてる人とかもこの部類に入ります。やしろさんの名前についてた十字架マークと同じですね」



やしろあずきの調査 当時の僕のハンドルネームです

やしろあずきの調査

「いちいち俺を例に出すのはなんなの?」



やしろあずきの調査

「ちなみにこの例と『無題にかわいこぶる人』と組み合わせてみるとこうなります」



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「本当だ、明らかにダメだ感がすごい」



やしろあずきの調査

「最後に『私女だよアピールがすごい人』。これはもう言葉のままでめっちゃくちゃ女であることを会話の節々で強調してくる人です。分かったから。お前もう分かったから。ってなるぐらい何を言っても返答に女性アピールを食い込ませてきます。」



やしろあずきの調査

「ふむふむ、例えば?」



やしろあずきの調査

「じゃあちょっと僕と会話してみましょうか。なんでもいいので適当な会話を僕に振ってみてください」



やしろあずきの調査

「じゃあ……今日寒いよね



やしろあずきの調査

「寒いね〜(´・ω・`)私今日スカートだから余計に冷えちゃう



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「昨日夜までログインしてたら親に怒られてさぁ」



やしろあずきの調査

「わかる〜〜! 私の親も厳しいよ! やっぱり一人娘だから変に過保護なんだよね(>_<)



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

うんこ



やしろあずきの調査

「もう! レディーに対して下ネタはダ〜メ!☆



やしろあずきの調査

やしろあずきの調査

「どうですか?」



やしろあずきの調査

うん、殺したい



やしろあずきの調査

僕に対しての明確な殺意は置いておいて、まあこのようにうざったいほど自分が女だよ! ってアピールをしてくる人も低級のネカマに多いですね。自然な行動で女性だと思わせるスキルがないからどうしても直接的なアピールしかできない。まあこれでも釣れる人は釣れるんでしょうけど……」



やしろあずきの調査

「なるほどなぁ……」



やしろあずきの調査

「と、このようなタイプの人たちは確実にネカマとはいえずともネカマである可能性も非常に高いと思って接した方がいいです。やしろさんみたいな悲痛な末路をたどらなくて済む可能性が高まります」



やしろあずきの調査

「お前にだまされたんだからね?」



やしろあずきの調査

「逆に一人称が『うち』とか『私』みたくおとなしめのものだったり、媚びすぎずに逆にちょっと冷たさも感じるぐらいの温度の人は本当の女性である可能性も高いんじゃないでしょうか」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」