ニュース
» 2017年05月12日 08時00分 公開

小説執筆などに使えそう! 状況描写の方法をコンビニから核シェルターまで紹介する「場面設定類語辞典」

特に実体験できない場所を扱うときには、便利なはず。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 フィルムアートから4月末に刊行された「場面設定類語辞典」が、創作に使えそうだと話題になっています。「核シェルター」「10代の息子・娘の部屋」「病室」などの場所で登場人物が知覚するもの、ストーリー展開などをまとめたもの。


画像 フィルムアート社のWebサイトより

 「場面設定類語辞典」は、海外作家アンジェラ・アッカーマン氏らによる「類語辞典」シリーズの第4弾。「高校の廊下」「ショッピングモール」といった身近なものから、そうそう行く機会のない「北極のツンドラ」「刑務所の独房」「潜水艦」まで、さまざまなシチュエーションが紹介されています。実体験するのが難しい場所を、作中で扱う際に役立つのでは?

 その場に存在するものが感覚ごとにまとめられているほか、設定を考えるときの注意点、例文などが掲載。また、物語の展開につながる出来事の例もあり、例えば、公園の場合は「リードにつながれていない犬にかまれる」「子どもがひとりでどこかに消えてしまう」といった事柄が挙げられています。


画像 公園の項目。左ページは主に登場人物が知覚するもの、右ページでは物語の展開に関する情報が掲載(フィルムアート社のWebサイトより)

 全225場面がまとめられており、価格は3000円(税別)。小説執筆などの練習、準備に使える付録は、フィルムアート社のWebサイトから無料でダウンロードできます。


画像 場面描写の練習に使える「設定のエクササイズ」


画像 感情をかき立てる設定を考える「感情的価値の設定ツール」

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響