「カードキャプターさくら」の新シリーズと知世ちゃんの感情についてインターネットを守る翼竜

新鋭・にゃるらの連載。第3回はCCさくら!!

» 2017年05月14日 09時00分 公開
[にゃるらねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 にゃるらです。コラム連載3回目なんですけど、このコラムにつけた「インターネットを守る翼竜」という適当なタイトルは、ねとらぼさん側が呼ぶ場合「翼竜」と略してまして、その度普通にカッコよくて気恥ずかしいです。「イン翼」とかの方が陵辱モノっぽくて好きです。


女児向けアニメのリバイバルブーム

 さて、昨今ではあの「カードキャプターさくら」が再ブームを起こしています。以前までの女児向けアニメ再ブームは「セーラームーン」でしたので、ついにCCさくらを当時楽しんでいた子どもたちも今や「懐かしさから昔ハマったアニメのグッズを購入する大人」としてターゲティングされた事になりますね。



 ちなみにセーラームーンといえば黒犬獣さんですが、セーラームーン再アニメ化などは特に関係なく、今でも変わらぬ熱量で妖魔に陵辱されるセーラームーン本を描き続けています。最近ではセーラー戦士ですらないモブ母娘本が良かったです。


カードキャプターさくらの新シリーズ

 2016年7月号の『なかよし』より、CCさくらの新章であるクリアカード編の連載がスタートしました。実に16年ぶりに再びCCさくらが載ったわけです。


CCさくら クリアカード編がスタートした『なかよし』2016年7月号の扉絵

 それに伴い各SNSでもCCさくら熱が再燃。先日さくらちゃん周りの恋愛関係の複雑さを解説するイラストやツイートが拡散され、そのネタに対し「さくらちゃんが誰が誰を好きでもおかしいと思わない世界観にしたかったというCLAMPの意思が伝わっていない」旨のツイートが広まるなど、CLAMPの偉大さをあらためて痛感したわけですが、個人的には花京院が平然と承太郎の子どもを産むCLAMP独自の世界観を基準にするのもどうかと思います。とにかく愛の形に多様性があるのは良いことですね。

 関係性の複雑さがよく分かる構図として、アニメ38話「さくらの楽しいいちご狩り」はすごいです。

CCさくら (アニメ38話より)

 画面にこれでもかと情報量が詰まっていますね。これでもメインキャラはそろっていないので、全体で見るとさらに複雑なのですが。そもそも知世ちゃんは授業中に同級生を撮影するのはどうかと思います。先生も後ろに普通に居るのに一切揺るがない彼女の意志が強い。

 CCさくらの複雑な恋愛模様の象徴と言える存在が「知世ちゃん」でして、新章でもさくらちゃんへの熱烈なラブコールはとどまることを知りません。さらに言えば新章からはさくらちゃんと小狼が完全に結ばれた状態からスタートし、当然親友としてその関係を知り応援しつつもさくらちゃんを見守り続けることを選択していますので、より拗らせ方が増したと言ってもいいでしょう。

 1巻発売日から各書店にて配布された「CCさくら新聞」では、知世ちゃんへの説明を「さくらのことが大好きで、カードを探しにいくときの服は全て知世が作っている。さくらの活躍をビデオに撮るのが喜び!」とだけシンプルかつ大胆に書かれています。彼女の全ての行動がさくらちゃんを基準に行われている事が伝わる良い文だと思います。

 新章開始に乗っかりLINEスタンプも販売されました。第2弾には、さくらちゃんと知世ちゃんの対のようなスタンプがあり、2人の関係性と知世ちゃんの感情の儚さが伺える最高の内容となっております。拗らせ具合的には知世ちゃんのお母さんのほうが異質なのですが、長くなるので割愛しました。



 今回の記事はそんな知世ちゃんの話をしていきましょう。


知世ちゃんの歪な愛の形

 新章2巻では「さくらちゃん本人の心配以上にさくらちゃんを撮影できなかった事を嘆く」描写がされたりと、依然変わりなく彼女への歪な愛情表現を続けています。知世ちゃんは一見、さくらちゃんの有益のために行動するキャラだと誤解されがちですが、アニメでもさくらちゃんに新衣装を着せるためなら半ばだますような作戦を実行したりと、とにかく欲望に忠実なことが分かります。



 ほわわんとしつつもつけ入る隙を一切逃さない知世ちゃん。後にさくらちゃんと恋人関係になる小狼の登場により、焦りが生じているのかもしれません。



 この後の11話「さくらと知世と大きなお家」では、知世ちゃんがさくらちゃんからもらった消しゴムをお守りとして保管している事実が発覚します。これに対し15話「さくらとケロの大げんか」内で、さくらちゃんも知世ちゃんからもらったお手紙を大切にしているシーンもありますが、知世ちゃんと違い消しゴムをお守り袋と箱へ入れて鍵を掛けたりするわけでもないので、ここでも互いの感情の温度差が顕著に見えます。知世ちゃんは「まぁ!」と至極うれしそうなのがかわいい。

 序盤だけでもキリがない程に愛情表現がありますので、最後に1つお勧めの回を。

 37話「さくらと消えた知世の声」はタイトル通り、知世ちゃんメインの回。コーラス部のコンクールを控えた知世ちゃんが「ボイス」のカードにより声を失ってしまいます。

 さくらちゃんは自分のせいで親友が声を奪われた自責の念で泣き出してしまし、自分が慰める相手であるはずの知世ちゃんに優しく抱きしめられます。『喧嘩商売』で言う「慰められたのは俺だった……」状態。筆談による「元気出してください」の字面が哀しい。



 知世ちゃんが何よりさくらちゃんの事を一番に考えている事が如実に現れた素晴らしい回です。知世ちゃんを心配するさくらちゃんを心配する小狼も、その小狼の様子に安心してさくらちゃんを任せようとする知世ちゃんもグッド。

 ラストで声を取り戻した知世ちゃんによるコーラスは涙なしでは聴けません。知世ちゃん(岩男潤子さん)の歌唱力は「KEY THE METALIDOL」や「パーフェクト・ブルー」で折り紙つきですし。


CCさくら周り

 というわけで、一度はおおっぴらに書いてみたかった知世ちゃんのお話でした。新章での絵柄が進化したCLAMPによる表情豊かな知世ちゃんは魅力的ですので、気になったら是非購入してみてください。

 オマケですが、いろいろと深い歴史のあるCCさくら板は、良くも悪くも異色な空間でして、あまり新章について取り立てて騒ぐ様子もなく、只々さくらちゃんへの異常な愛情を書き連ねられています。あやしいわーるど時代から続く伝統ですので、永久に変化することのない場なのでしょう。

 マストドンの方でもCLAMPファン用のインスタンスが作られています。のぞいてみた感じ、どちらかと言うとCLAMPの話以上に懐かしインターネット話が多く、こちらもCCさくら板と似たような現状。治安は断然マストドンの方が良好ですが。

 9月発売の3巻にはDVD付きの特装版もあり、またアニメで動くさくらちゃん達が見られる予定です。2018年1月からはクリアカード編の放送が控えており、現在もNHK BSプレミアムで旧作アニメが再放送中です。今後もCCさくらから目が離せませんね。



にゃるら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」