ニュース
» 2017年05月31日 17時08分 公開

青森で配られる“リンゴの品種が分かるようになる下敷き” 「本当にリンゴの品種が分かる?」青森県民に聞いた

筆者は青森出身ですが、ほとんど分かりません。

[イッコウ,ねとらぼ]

 青森県で配られるリンゴの品種を記載した下敷きがTwitter上で話題になっています。これは県内の一部小学校で入学時に配られるもので、約10種類のリンゴの写真と特徴などが書かれており、“これのおかげで青森県民は見た目でリンゴの品種が分かる”とされています。さすがリンゴの名産地。

 青森県りんご対策協議会によると、この下敷きは「子どもたちにリンゴの知識をもってもらいたい」と昭和40年代前半から小学校で配布され始めたもの。配布地域は県内全域というわけではなく、リンゴの生産が特に盛んな津軽地方が中心だそうです。


リンゴ 「おいしいりんごができるまで」という下敷きも

 また、この下敷きは県内の小学校の他、リンゴの寄贈の際などさまざまな場面で配られるもので、県内にかぎらず全国的に配布しているとのこと。また、下敷きの他にも定規や消しゴムも配布しているそうです。

 Twitterでは「青森県民ならリンゴの品種は見た目で大体分かる」とされていましたが、実は青森市出身の筆者でも「めっちゃ大きいリンゴは“世界一(品種名)”」という程度の知識しかありません。同協議会にも「リンゴの品種分かりますか?」と聞いてみたところ「津軽地方の人なら分かるかもしれません」となんとも言えない返答が。確かに津軽地方はそこらじゅうにリンゴ畑がある“青森リンゴ界の超エリート”なので、彼らなら余裕なのかもしれません。


リンゴ 「世界一」は分かります

 念のため、津軽地方出身ではない青森の友人2人に「リンゴの品種見た目で分かる?」と聞いてみたところ、「分かんねーよ」「名前は分かるけど見ても判別できない」と悲しいお返事がありました。日常的にリンゴを食べる青森県民だからこそ、リンゴの品種を気にしなくなってしまうのかもしれないな、と感じた筆者でした。“リンゴ県民”などとやゆされる青森県民ですが、こういう人もいるのです。

画像提供:青森県りんご対策協議会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む