ニュース
» 2017年05月31日 17時08分 公開

青森で配られる“リンゴの品種が分かるようになる下敷き” 「本当にリンゴの品種が分かる?」青森県民に聞いた

筆者は青森出身ですが、ほとんど分かりません。

[イッコウ,ねとらぼ]

 青森県で配られるリンゴの品種を記載した下敷きがTwitter上で話題になっています。これは県内の一部小学校で入学時に配られるもので、約10種類のリンゴの写真と特徴などが書かれており、“これのおかげで青森県民は見た目でリンゴの品種が分かる”とされています。さすがリンゴの名産地。

 青森県りんご対策協議会によると、この下敷きは「子どもたちにリンゴの知識をもってもらいたい」と昭和40年代前半から小学校で配布され始めたもの。配布地域は県内全域というわけではなく、リンゴの生産が特に盛んな津軽地方が中心だそうです。


リンゴ 「おいしいりんごができるまで」という下敷きも

 また、この下敷きは県内の小学校の他、リンゴの寄贈の際などさまざまな場面で配られるもので、県内にかぎらず全国的に配布しているとのこと。また、下敷きの他にも定規や消しゴムも配布しているそうです。

 Twitterでは「青森県民ならリンゴの品種は見た目で大体分かる」とされていましたが、実は青森市出身の筆者でも「めっちゃ大きいリンゴは“世界一(品種名)”」という程度の知識しかありません。同協議会にも「リンゴの品種分かりますか?」と聞いてみたところ「津軽地方の人なら分かるかもしれません」となんとも言えない返答が。確かに津軽地方はそこらじゅうにリンゴ畑がある“青森リンゴ界の超エリート”なので、彼らなら余裕なのかもしれません。


リンゴ 「世界一」は分かります

 念のため、津軽地方出身ではない青森の友人2人に「リンゴの品種見た目で分かる?」と聞いてみたところ、「分かんねーよ」「名前は分かるけど見ても判別できない」と悲しいお返事がありました。日常的にリンゴを食べる青森県民だからこそ、リンゴの品種を気にしなくなってしまうのかもしれないな、と感じた筆者でした。“リンゴ県民”などとやゆされる青森県民ですが、こういう人もいるのです。

画像提供:青森県りんご対策協議会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー